満開時の桜並木はまさに桜のトンネル!「赤城南面千本桜」の花見

賑わう赤城南面千本桜
photo by 赤城南麓交流村

群馬県前橋市に位置する赤城南面千本桜は、群馬県だけでなく関東地方で有数の桜の名所約1.3キロメートルに渡り、約1,000本のソメイヨシノが見事なトンネルを作り上げます。

桜の満開時とはかぶりませんが、タイミング次第で桜並木の脇には芝桜も開花し、ソメイヨシノの白色の桜のトンネル、芝桜のピンク色の絨毯、新緑の芝生の緑色、そして晴れた日には青空が広がり、色のコントラストも楽しめる花見スポットとなっています。

桜並木のトンネルだけでなく、少し遠めからの写真も絵になりますね。

スポンサーリンク

赤城南面千本桜の様子

交通アクセス

 最寄り駅からアクセス

【最寄り駅】

  • 上毛電気鉄道上毛線「大胡駅」より「車」で約15分

駅前がロータリーとなっていて比較的利用しやすい最寄駅ですが、赤城南面千本桜まで9km以上ありますので、車やバスなど他の交通手段が必要となります。

車でのアクセスを考えないとしても、最寄駅から徒歩では現実的には無理なので、周遊バス、ふるさとバス、タクシーと言った公共交通機関の利用が必要となってきます。

ですが、バスなどの利用を考えると最寄り駅が変わるので注意が必要です。

そして、どれも車両なので道路を利用しますでの、バスだと渋滞回避に繋がると言うわけではない事は頭の片隅に入れておいてくださいね。

お財布に優しいアクセス方法として「ふるさとバス」と言うバスがあり、予約状況次第ですが事前に連絡すれば、対応しているバス停から210円で各バス停に停車してくれます。

このふるさとバスを利用する場合には、赤城南面千本桜に近い、81番の千本桜野球場駐車場が最寄りのバス停となります。

また、周遊バスの花めぐり号では、少し離れたぐんまフラワーパークと隣接する赤城クローネンベルクの入園料が無料になっちゃう特典があります♪

参考 前橋まるごとガイド | 赤城南面千本桜まつり

 車で駐車場へアクセス

【駐車台数】

  • 総駐車台数 910台
  • ※さくら祭り期間中は有料

【利用時間】

  • 8:00~21:00

駐車場は複数あり、駅からのアクセスは良くないので、車でのアクセスが人気の様で、何も分からない状態で車で行くと、渋滞で数時間並ぶ事もあるとのことです。

駐車場の混雑や道路の渋滞は覚悟ではありますが、いくつかポイントを抑えておきましょう。

混雑を避けるポイント

道路状況について

まず、道路状況の情報として、赤城南面千本桜に向かう大きな道路状況は、

  • 伊勢崎方面からの102号線からのアクセスは混みあう
  • 桐生方面からの353号線のアクセスは渋滞回避に

と言う情報があります。

桐生方面から向かって、近隣の赤城クローンベルクに駐車場があるので、そちらの駐車場に停めるのも混雑回避のポイントとなっているようです。

真っ直ぐ向かう102号線からのアクセスは、渋滞しすぎていて諦めてUターンして帰る人もいるので、もし渋滞している場合には、わき道から大回りするぐらいの気持ちの方が渋滞回避できるのかもしれません。

混雑する日のポイント

  • ソメイヨシノが満開の最盛期
  • 土曜日・日曜日・祝日の週末
  • お昼前から夕方にかけて
  • 雨が続いた後の快晴の日

は、道路が混雑渋滞しやすく駐車場待ちが発生するとの情報があります。

天気が良い日に花見をしに行きたいのはみんな同じですし、花見をする人がみんな平日が休みとは言えないので、出かける時間を決めておくのが現実的かなと思います。

また、赤城南面千本桜周辺の道路では、一方通行などの規制が行われますので、案内に従ってイライラしないで運転して下さいませ。

赤城クローネンベルクを利用する

  • 早起きをして赤城クローネンベルク側の駐車場を利用
  • 赤城クローネンベルクの入園料を払って駐車場を利用

と言った赤城クローネンベルクの利用も候補として挙がります。

どうしても駐車場の確保が問題となってくるので、早朝など早くからアクセスするようにしたり、ちょっと離れても帰りやすい駐車場の方がスムーズかもしれませんね。

足腰に不安が無い方は、ちょっと離れても駐車できる場所に駐車しましょう!

一帯が盛り上がる「赤城南面千本桜まつり」

【お祭り名】

  • 赤城南面千本桜まつり

【開催期間】

  • 2017年4月1日(土)~4月16日(日)

【例年の開催期間】

  • 4月上旬 ~ 4月中旬 約2週間ほど
  • ※開花状況で変動あり

【開催場所】

  • 赤城南面千本桜、周辺一帯

千本桜を盛り上げる赤城南面千本桜まつりは、屋台の出店や、地元の野菜などの農産物の販売するふれあい物産市や、ステージでの催し物などのイベントが多数行われ、盛り上がりを見せます。

開花時期に合わせて行われるお祭りという事で、見ごろ時期とかぶるのがどうしても混んでしまいますが、お祭り期間が長いのでゆったり行ける日に行って楽しみたいですね。

ぼんぼりも合わせて点灯!「夜桜ライトアップ」

【例年のライトアップ期間】

  • 4月上旬 ~ 4月中旬
  • 赤城南面千本桜まつり開催期間中

【ライトアップ時間】

  • 18:00~21:30

【ライトアップの場所】

  • 赤城南面千本桜、周辺一帯

桜まつりと同時開催されるライトアップで、ぼんぼりの点灯も同時に行われます。

桜の花見でライトアップとなると混みあうイメージがありますが、実はお昼の時間帯よりも空く時間帯と言われているので、穴場の時間とも言えますね。

場所取りのポイントと注意点

場所取りについてのルール

場所取りや宴会は可能ですが、公式に発表されている注意点がドローンの飛行禁止の項目しか見つかりませんでした。

特に強調していないかもしれませんが、花見の最低限守るべき名基本的なルールである

  • 火気の使用
  • 杭やロープなどの場所取り
  • 無人での場所取り

と言った安全に関わる事はやらないでおきましょう。

無人での場所取りは、防犯などにも関わりがあるので人がいた方が色々な面で安定します。

場所取りのルールに関して情報が入り次第追記更新します。

場所取りのポイント

シートを敷いての場所取りは可能となっており、アクセス面の関係からか場所取りも緩い傾向のようです。

桜並木の脇には芝生になっている場所があるので、そこでレジャーシートを敷いて食事やちょっと一杯何てことも出来ますね。

桜並木に沿った脇の場所は比較的混みあう場所ですが、桜並木から芝生の広場もシートを広げる場所となっていて、広げる場所が多く少人数での場所取りの心配はほぼ要らないかと思います。

アクセス的にも、大人数での花見は難しい場所かとは思いますので、ファミリーの方やカップルの2人であれば、お尻が汚れない程度のシートで良いかも知れません。

場所取りよりも「車でのアクセスや渋滞」が問題点ですね!

赤城南面千本桜の基本情報

【名称】

  • 赤城南面千本桜(あかぎなんめんせんぼんざくら)

【住所】

  • 〒371-0241 群馬県前橋市苗ヶ島町2511−2

【例年の見ごろ時期】

  • 4月上旬~4月中旬
  • 芝桜は4月中旬~4月下旬

【ビューポイント】

  • 約1.3キロの千本桜のトンネル
  • 約15万株のシバザクラ

【注意事項】

  • 坂道が続くので、歩きやすい靴を。

【関連・公式サイト】

参考 前橋まるごとガイド | 赤城南面千本桜まつり

まとめ

赤城南面千本桜は、行くまでのアクセス方法に加えて渋滞がネックになる花見スポットなので、どの道路から向かうのかちょっとした戦略が必要になりますね。

花見をする季節としても、満開の千本桜の桜並木だけでなく、時期をずらして芝桜の咲く4月中旬と桜並木の散り際の桜吹雪もステキだと思いますよ♪

PICKUP!! >>赤城南面千本桜 周辺のホテル・旅館を探す【楽天トラベル】

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

おすすめ記事