標高1,358mの天空に広がる芝桜の絨毯「茶臼山高原」芝桜の丘

茶臼山高原の芝桜
photo by とよね村 Toyone Village Official Site

愛知県で一番高い山である茶臼山高原の芝桜は、22,000平方メートルと言う広大な敷地に、約40万株の芝桜が一面に咲く芝桜の名所です。

天空の芝回廊と呼ばれる芝桜の丘は、標高1,385メートルの萩太郎山山頂付近に位置しており、春になると新緑に囲まれた中に色とりどりの芝桜が咲き乱れ、圧巻の絶景が広がります。

スポンサーリンク

茶臼山高原の芝桜の丘の様子

最寄り駅と駐車場

【最寄り駅】

  • JR「豊橋駅」より車で約2時間

【駐車場】

  • P1~P6駐車場 合計約1,000台

最寄駅からのアクセスは、豊橋駅からとなりますが車でのアクセスで渋滞無しで考えて約2時間の90km以上の距離があります。

直行バスがあるとの情報がありますが、公式の発表は無いのでご注意ください。

豊橋駅からのバスは茶臼山芝桜ライナーと言う「日帰りツアー」となりますので、車でのアクセスが難しい方にとってはツアーを利用すると便利かと思います。

参考  豊鉄観光サービス http://www.toyotetsu.com/hanit/

車でのアクセスは、駐車場自体は比較的大きい規模の1,000台となっていますが、芝桜の名所と言う人出の大里茶臼山高原と言う名の通り、山間の道路となる事も相まって非常に渋滞が予想される花見スポットになります。

混みあう道路としては、

  • 「国道153号線」~「国道257号線」~「県道507号茶臼山高原道路」~「茶臼山高原」

の経路が例年大変混雑するとの公式発表があります。

その為、名古屋方面からのアクセスで、153号線を利用する場合は、そのまま県道507号茶臼山高原道路に入らない様に、国道151号線からの県道506号線を利用しての大回りで行くというのが渋滞を避けるポイントとなります。

県道506号線は、地図上でも分かるほどカーブが多く、道幅も狭いと言う点だけが注意点です。

主要の道路でアクセス方法をまとめると、

  • 「国道153号線」~「国道257号線」~「県道507号茶臼山高原道路」
  • 「国道153号線」~「県道46号線」
  • 「国道418号線」~「県道46号線」
  • 「国道151号線」~「県道506号線」

となります。どの道路も茶臼山高原に近い場所では混雑が予想されますが、茶臼山高原道路は避けたいところですね。

補足としまして、駐車場の営業時間は茶臼山高原の開園時間よりも30分早い8:00からとなっているので、朝早めに出発するのもポイントとなるでしょう。

山間の道路は狭い場所もあり、カーブが多くなるので渋滞していると思ってイライラしないで譲り合って運転して下さいませ。

山頂までの道のり

茶臼山高原にたどり着いてすぐに芝桜が一面に広がる分けではなく、萩太郎山山頂付近の芝桜の丘までのアクセスが必要となります。

  • 第一リフトで片道約13分
  • 第二リフトで片道約12分
  • 徒歩で約1Km、約30分~40分

の3種類の方法があります。やはり人気なのは観光リフトの利用となり、見ごろ時期の人出が多いシーズンには、第一、第二リフトの2基運行されますが、混雑する場合1時間の待ち時間が発生する可能性もあります。

その為、もう一つのプランとしてゲレンデを歩いて約1kmの距離を登山するコースもありますのが、ゲレンデを歩くと言う整った散策路ではないので、足腰に自信のない方は観光リフトを利用する事を推奨します。

茶臼山を盛り上げる「芝桜まつり」

【お祭り名】

  • 茶臼山高原 芝桜まつり

【例年の開催期間】

  • 5月中旬~6月上旬
  • ※開花状況で変動あり

【開催場所】

  • 茶臼山高原各所

リフト乗場前の緑地広場では「食べリン広場」と称した特産品が販売や、芝桜の丘の観光リフトにで写真撮影をしてくれその場でプリントしてくれる「芝桜フォトサービス」などのイベントが予定されています。

個人的にピックアップするイベントは、やはり特産品の販売される食べリン広場になりますね。

まず芝桜まつり開催期間中は連日開催されるイベントとなり、

  • 潰したご飯を串焼きにし甘いタレを付けた「五平餅」
  • 甘味のある身が特徴の渓流の女王「アマゴの塩焼き」
  • 山の斜面で採れるまろやかな味わいの「お茶」

など様々な特産品が販売されるので芝桜の花見で満たされた後は、お腹を満たしに食べリン広場へ足を進めてみてはいかがでしょうか。

暗闇に浮かぶ絶景!芝桜ライトアップ

【例年のライトアップ期間】

  • 5月下旬の一週間程度

【ライトアップ時間】

  • 19:00~21:00

【ライトアップの場所】

  • 芝桜の丘

2015年より開始となった芝桜のライトアップイベントになり、山間ならではのある特徴があります。

その特徴とは、愛知県で標高が高い場所という事もあり、暗闇に包まれる中のライトアップとなるので、邪魔となる光が一切ない中、ライトアップされた芝桜の花見を楽しむことが出来るんです!

茶臼山高原の基本情報

【名称】

  • 茶臼山高原 芝桜の丘(ちゃうすやまこうげん しばざくらのおか)

【住所】

  • 〒449-0405 愛知県北設楽郡豊根村坂宇場字御所平70-185

【開園時間】

  • 8:00~18:00

【ライトアップ期間時間】

  • 8:00~21:00

【例年の見ごろ時期】

  • 5月中旬~6月上旬

【ビューポイント】

  • 展望台からの芝桜と周辺の大パノラマ

【注意事項】

  • 要ゴミの持ち帰り
  • 火気厳禁
  • 所定の場所以外、全面禁煙
  • 散策路以外の芝桜が植栽されている場所へは絶対に入らない様にして下さい。芝桜が生えていなくても散策路以外は立ち入らないようにお願いします。

【備考欄】

  • 第一駐車場に身体障害者専用の駐車スペースあり
  • ペット同伴のリフト利用や、高原内のシャトルバス利用などルールがあります。

【関連・公式サイト】

茶臼山高原 http://www.chausuyama.jp/

まとめ

茶臼山高原は、青空が広がる天気の良い日には、上空は青空、周辺は新緑に囲まれ、華やかな芝桜の丘が広がる自然豊かな芝桜の名所です。

山を登る形になるので、車でのアクセスでは渋滞が起こると予想され、普段運転しない方にとっては慣れない運転となりますが、機会があればぜひ天空の芝桜を花見に茶臼山高原の芝桜の丘へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

PICKUP!! >>茶臼山高原 周辺のホテル・旅館を探す【楽天トラベル】

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

おすすめ記事