鮮やかな1万株のツツジが名勝を包み込む「群馬県立つつじが岡公園」

群馬県立つつじが岡公園の満開のツツジ
photo by テリーの部屋 Part 2:So-netブログ

群馬県館林市に位置する群馬県立つつじが岡公園は、樹齢800年を超える歴史ある古木のツツジを初め、約50種類約10,000本ものツツジが咲き誇り、例年50万人以上と言う多くの観光客を魅了しています。

つつじが丘公園の東側の丘「花山」は、古木が多い事もあり見上げるほどの巨木で、花山に咲くツツジの価値が認められた事から「躑躅ヶ岡」の名で、国の文化財、国の名勝に指定されています。

スポンサーリンク

群馬県立つつじが岡公園の様子

最寄り駅と駐車場

【最寄り駅】

  • 東武伊勢崎線「館林駅」より路線バスで「つつじが岡公園入口バス停」下車「徒歩」約8分

【駐車場】

  • 800台

まず最寄駅からのアクセスは、徒歩でも行けない距離ではありませんが、約3Kmの距離となっており、40分程度時間がかかります。

徒歩以外ですと、タクシーで約10分か路線バスの利用となり、路線バスは「館林・板倉線」に乗りましょう。似た路線で館林・板倉北線がありますので間違えの無い様にご注意を。

また公共交通機関として、ゴールデンウィークを中心として、有料になりますがシャトルバスの運行もされ、

この2つの路線の運航が予定されています。

車でのアクセスは、つつじが丘公園の敷地内には駐車場が点在しており、800台との事で、臨時駐車場も開設予定となっています。ただし、駐車場の中には大型の観光バス専用もありますので注意が必要です。

肝心の混み具合としては、見ごろとなった日の週末、特にゴールデンウィーク中は周辺の花の名所がある事から渋滞必須との事で、9時過ぎには駐車場が満車状態との情報があり、主要道路である354号線は渋滞で動かないとの事です。

車でのアクセスする際の、「ゴールデンウィーク中の渋滞の理由」の一つとしてはつつじが丘公園のつつじの見ごろ時期と重なる花の名所が、

と言うどちらも有名な花の名所があり、見ごろ時期が重なる事、そしてゴールデンウィークとなる場合には、行きも帰りも非常に渋滞する事になります。

ゴールデンウィーク中は、つつじヶ丘公園~東武トレジャーガーデンを往復する臨時のシャトルバスの運行も予定されていますので、車で回らずにうまく利用すると花の名所めぐりが出来ます。

館林の他の観光名所としては、

  • 佐野アウトレットパーク
  • 佐野ラーメン
  • 佐野厄除け大師

と有名どころが点在していますので、ゴールデンウィーク中につつじが丘公園に車でアクセスする場合には、渋滞回避となる354号線は出来るだけ避けつつ渋滞覚悟で向かいましょう!

緩やかな丘をピンクと青に染めあげる「東武トレジャーガーデン」芝桜
群馬県館林市に位置する東武トレジャーガーデンは、春と秋の花の季節のみ営業している花の庭園で、桜と芝桜を皮切りに春の開園がスタートします。4,…
満開の大藤棚が圧巻!世界が認める「あしかがフラワーパーク」藤の花
栃木県足利市に位置する「あしかがフラワーパーク」は、名前の通り四季折々の花の咲くはなの公園ながら、「藤の花」が特に有名で、日本のみならず世界…

名勝のつつじを盛り上げる「館林つつじまつり」

【お祭り名】

  • 館林つつじまつり

【例年の開催期間】

  • 4月10日~5月10日
  • ※日にちは多少前後します。

【開催場所】

  • 芝生広場
  • 観光案内所

約一ヶ月間におよび開催されるつつじまつりは、鉄砲隊の試射、演武の催し物の江戸幕府鉄炮組百人隊出陣や、ゆるキャラのぽんちゃんと、ぐんまちゃんが参加するイベントや、ステージでの催し物、ゴールデンウィークを中心に様々なイベントが予定されています。

また、それぞれの地元の名産品だけでなく、他県からも参加する交流都市物産展の名産品などの販売もあり、無料のつつじガイドもありますので、ツツジを満喫したい方や歴史を知りたい方は、ぜひガイドを受けながらツツジの花見してみてくださいね。

ツツジの見どころとポイント

見どころになってくるのが、つつじの種類で館林つつじが丘でしか咲かないオリジナル品種のつつじがあります。

  • 樹齢800年と言われるツツジ「勾当内侍遺愛(こうとうないしいあい)」
  • 館林市出身の宇宙飛行士「向井千秋氏」が携わった「宇宙ツツジ」
  • 館林つつじが丘でしか見られない「オリジナル品種のツツジ」
  • ひとつのツツジの花の中で現れる「個性的な花柄のツツジ」

など、見上げるほどの立派な古木のツツジから、宇宙に種子が運ばれた後植栽されたツツジを代表として、8種類のオリジナル品種のツツジが咲き、それぞれ

  • 花の形
  • 花の色
  • 花びらの柄
  • 花びらの大きさ

と同じように見えて近づいてみてみるのも楽しみ方の一つとなり、カメラに詳しくなくても一望する眺めの画角から、マクロでの接写した写真を撮るのも、いつもとは違う顔を見せてくれるでしょう。

見ごろ時期の重なる花の名所

と上記の2つは近隣の花の名所となっており、芝桜とバラの名所の東武トレジャーガーデンについては、ゴールデンウィーク期間中を中心として、つつじが丘公園と東武トレジャーガーデンを結ぶシャトルバスも運行が予定されます。

距離としては、群馬県立つつじが岡公園より

程の距離で行けるので、車でのアクセスであれば十分現実的な範囲内となりますので、花を満喫するプランを予定する方は、2つの花の名所も合わせてチェックして、見ごろに合わせて行くと、違う種類の花を名所で満喫できますよ♪

満開の大藤棚が圧巻!世界が認める「あしかがフラワーパーク」藤の花
栃木県足利市に位置する「あしかがフラワーパーク」は、名前の通り四季折々の花の咲くはなの公園ながら、「藤の花」が特に有名で、日本のみならず世界…
緩やかな丘をピンクと青に染めあげる「東武トレジャーガーデン」芝桜
群馬県館林市に位置する東武トレジャーガーデンは、春と秋の花の季節のみ営業している花の庭園で、桜と芝桜を皮切りに春の開園がスタートします。4,…

つつじが丘公園の基本情報

【名称】

  • 群馬県立つつじが丘公園(ぐんまけんりつ つつじがおかこうえん)

【住所】

  • 〒374-0005、群馬県館林市花山町3278

【開園時間】

  • 7:00~18:00
  • ※つつじまつり期間中

【例年の見ごろ時期】

  • 4月下旬~5月上旬

【ビューポイント】

  • 東の丘「花山」に咲く古木で巨樹のツツジ

【注意事項】

  • 火気厳禁
  • 要ゴミの持ち帰り
  • 介助犬を除きペットの同伴は、カート又はキャリーバック等を使用

【関連・公式サイト】

館林市つつじが丘公園ガイド http://www.city.tatebayashi.gunma.jp/tsutsuji/

まとめ

たどり着くまでは渋滞が予想されますが、つつじが丘公園では広い敷地に加えて、飲食できる場所や広い芝生広場でツツジの花見をしながらランチを頂く事も出来るので、のんびり過ごすことも出来ます。

ぜひ見ごろ時期のつつじが丘公園で一万本ものツツジを満喫し、周辺の花の名所や観光スポットと合わせて、一日楽しんでみてくださいね。

PICKUP!! >>群馬県立つつじが丘公園 周辺のホテル・旅館を探す【楽天トラベル】

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

おすすめ記事