宇都宮タワーから約800本の桜を一望できる「八幡山公園」の花見

八幡山公園の夜桜と宇都宮タワー
photo by 桜と宇都宮タワー – GREEN NOTE

栃木県宇都宮市に位置する八幡山公園は、約800本の桜と約2,300株のツツジの咲く花の名所です。

公園内にある展望塔の宇都宮タワーから桜と市内を一望したり、アドベンチャーUやゴーカートと言う子供向けのアクティビティも用意されているので、お子様連れのファミリーにも最適な花見スポットでもあります。

スポンサーリンク

八幡山公園の桜の様子

最寄り駅と駐車場

【最寄り駅】

  • 東武宇都宮線「宇都宮駅」より、「徒歩」約20分

【駐車場】

  • 東側駐車場 20台
  • 西側駐車場 50台
  • 合計70台

駅から八幡山公園まで徒歩で歩いてアクセスできない距離ではありませんが、宇都宮駅は、「東武線」と「JR」の二つあり、東武線の方が距離が短いので、徒歩の場合で乗り換えが苦でなければ、東武宇都宮線の宇都宮駅からアクセスしましょう。

また駅からバスに乗っても最寄りのバス停である「県庁前」より約15分ほど歩かなくてはいけない事は注意が必要です。

車でのアクセスですと、駐車台数が少ないので満車になる可能性が高い、そして、競輪場が隣接しているので、無料の駐車場はすぐ埋まってしまうとのことです。公共交通機関の利用が望ましいですが、タクシー以外だと歩く必要がある事だけ頭に入れておいてくださいね。

約500個のボンボリによる夜桜鑑賞

【例年のライトアップ期間】

  • 開花期間中予定

【ライトアップ時間】

  • 18:00~21:00

【ライトアップの場所】

  • 八幡山公園各所

桜まつりのイベントはないのですが、約500個のボンボリが桜色に点灯し、同時に、宇都宮タワーが桜色にライトアップされるので、街灯とボンボリによる桜のライトアップと合わせた妖艶な夜桜鑑賞や、写真を撮って楽しめますね。

ライトアップと同時に宇都宮タワーの営業時間も9:00~20:00と延長されるので、約90メートルの高さの展望塔から夜桜や宇都宮市内を一望できます。

丘陵ならではの場所取りポイント

宇都宮タワーの南側に屋台も多く出店する花見広場が、シートを敷いての場所取り場所となります。

市内に位置している事もあり、近隣の方や地元の人がアクセスしやすく、平日から人が多いとのことです。

比較的まとまった人数での花見客も多いようなので、まとまった人数で花見を予定していて、一つの場所でシートを広げたい場合は、朝からの場所取りが必要との情報があります。

丘陵(きゅうりょう)の公園という事でなだらかではありますが斜面が多くあり、平らでない部分が多いとの事なので、出来る限り平らで座りやすい場所にシートを広げる為に、早めの場所取りをすると言うのもポイントとなりそうですね。

八幡山公園の基本情報

【名称】

  • 八幡山公園(はちまんやまこうえん)

【住所】

  • 〒320-0027 栃木県宇都宮市塙田5丁目2−70

【例年の見ごろ時期】

  • 4月上旬~4月中旬

【施設営業時間】

  • 通常期間 宇都宮タワー展望塔 9:00~16:30
  • 夜桜期間 宇都宮タワー展望塔 9:00~20:00
  • ゴーカート 9:00~16:00

【ビューポイント】

  • 宇都宮タワーからの展望

【注意事項】

  • 要ゴミの持ち帰り

【関連・公式サイト】

八幡山公園 http://hatimanyama.jp/

まとめ

八幡山公園は、子供が遊べる本格的なゴーカートやアスレチック、アライグマやウサギのいる動物舎、そして桜の花見と屋台など、大人から子供まで楽しめる花見スポットです。

アクセスと言う部分と丘陵(きゅうりょう)の公園と言う部分だけが少しだけマイナス要素ではありますが、近隣で花見を予定している方は、花見プランの候補に入れてみてはいかがでしょうか。

PICKUP!! >>八幡山公園 周辺のホテル・旅館を探す【楽天トラベル】

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

おすすめ記事