ファミリーからOLまで訪れる憩いの花見スポット「日比谷公園」の桜

日比谷公園の桜
photo by 日比谷公園からの寄り道桜だより 今朝の画像第2弾!

東京都千代田区のビジネス街に位置する「日比谷公園」は、都内でも静けさのある公園で、お子様連れのファミリーやカップル、サラリーマンやOLの憩いの場となっている花見スポットです。

桜の本数は約60本ほどと少なくはありますが、ソメイヨシやサトザクラ、カンザンと言った桜が咲き、桜の他にも、年2回のバラが咲くなど、花の名所として様々な人を魅了しています。

スポンサーリンク

日比谷公園の桜の様子

交通アクセス

 最寄り駅からアクセス

【最寄り駅】

  • 東京メトロ「霞ヶ関」より「徒歩」すぐ
  • 東京メトロ「日比谷」より「徒歩」すぐ
  • 都営地下鉄三田線「日比谷」より「徒歩」すぐ

地下鉄を出てすぐの場所に日比谷公園があります。

噴水に近い出口は日比谷駅よりA14出口を出た日比谷門の先にあります。

また第一花壇や第二花壇も近くなります。

 車で駐車場へアクセス

【駐車場】

  • 日比谷地下駐車場

【駐車台数】

  • 470台 有料

【利用時間】

  • 24時間

駐車台数はまとまった数があり多く見えますが、すぐに埋まるとの情報がありますので、周辺のコインパーキングの利用もチェックしておきたいですね。

電車でのアクセスなら地下鉄を中心として複数あるので、電車などの公共交通機関の利用も視野に入れておきましょう。

混雑を避けるポイント

電車であれば駅からも近く、宴会禁止になっていることもあるのでアクセス面では混雑しないでしょう。

車でアクセスする場合は、まとまった数の日比谷駐車場でさえ満車になるとの情報がありますので、ビジネス街という事もあり花見以外での利用も予想されます。

どうしても車でアクセスする場合には、事前に周辺の駐車場を予約すれば確実に駐車出来るようになります。

予約さえすれば、駐車場を探すことなく車を停める事が出来て、更にリーズナブルな価格で終日駐車できることが多いので、時間を気にせず花見を楽しむことが出来ますよ♪

駐車場予約 >>日比谷公園周辺の駐車場をチェックする【akippa(あきっぱ!)】

日比谷公園の花見ポイント

桜まつりとライトアップは?

桜まつりやライトアップイベントはありません。

桜の本数も約60本という事で、都会の花見スポットでも静けさのある花見ができるスポットです。ちょっと寂しい気もしますが、日比谷公園だからこそ楽しめるポイントもあるんです。

のんびりした花見にオススメ

日比谷公園では、

  • 場所取り禁止
  • 宴会禁止
  • 芝生の進入禁止
  • アルコールの持ち込み禁止

となっています。

花見をしながらランチをするなら、噴水回りの設置されているベンチを利用したり、シートを敷いての食事であれば草地広場に近い草地にシートを敷いての花見になります。

なお24時間警備員が見回っているとのことで、禁止事項を守らないと退場となる可能性が高いです。

アルコール類が入らない花見スポットなので、お子様連れのファミリーからデートのカップル、ビジネス街という事もあり、サラリーマンやOLのランチタイムや憩いの場として、様々な人が花見をしながらの食事が楽しめる公園です。

日比谷公園の基本情報

【名称】

  • 日比谷公園(ひびやこうえん)

【住所】

  • 〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1

【例年の見ごろ時期】

  • 3月下旬~4月上旬

【ビューポイント】 

  • 雲形池と心字池の日本庭園

【注意事項】

  • 宴会禁止
  • 芝生の進入禁止
  • アルコールの持ち込み禁止

【関連・公式サイト】

関連 日比谷公園|公園へ行こう!

まとめ

さくら祭りや、ライトアップはありませんが、日比谷公園ではのんびりとした花見が楽しめる事でしょう。

日比谷公園での花見だけを目的に足を運ぶ事は少ないかもしれませんが、デートや家族で立ち寄るのも良いプランではないでしょうか。

PICKUP!! >>日比谷公園 周辺のホテル・旅館を探す【楽天トラベル】

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

おすすめ記事