ボートの上から花見も楽しめるデートスポット「井の頭恩賜公園」の桜

井の頭恩賜公園の池に浮かぶボートと桜
photo by 2015 井の頭公園 桜 | bugrabbit | Flickr

東京都武蔵野市に位置する花見スポット、都立井の頭恩賜公園は、桜の花見だけでなく、湖をボートで漕げるボートの貸し出しも出来、デートスポットとしても有名です。

代表的な桜であるソメイヨシノだけでなく、運動施設がある西園方面は、三月上旬には八重桜やしだれ桜など、色々な桜を約一ヶ月に渡り楽しめます。

スポンサーリンク

井の頭恩賜公園の桜の様子

交通アクセス

 最寄り駅からアクセス

【最寄り駅】

  • 京王井の頭線「井の頭公園駅」より「徒歩」で約1分
  • JR「吉祥寺駅」より「徒歩」で約5分
  • ※公園入り口までの時間

最寄駅からのアクセスは入り口までであれば非常に距離が近いです。

井の頭公園駅からは、駅を出てすぐの場所に井の頭恩賜公園の入り口があるほど非常に距離が近いです。

ですが、井の頭恩賜公園は非常に広く、人気の井の頭ボート乗り場までアクセスする場合は、井の頭公園駅からは約700mの約8分かかり、吉祥寺駅からだと約650mの約8分となります。

どの場所に行くかによって距離は変わりますが、入り口までの距離だけで見ないで、アクセスしやすい駅の利用が良いと思います。

 車で駐車場へアクセス

【駐車場】

  • 井の頭恩賜公園 第一駐車場
  • 井の頭恩賜公園 第二駐車場

【駐車台数】

  • 第一駐車場 60台
  • 第二駐車場 80台

【駐車が出来る時間】

  • 24時間営業

車でアクセスするとなると駐車台数が少ない事に加えて、規制もかかってきます。

  • 警察の指導により右折での入庫禁止
  • 吉祥寺通りにおいて、7:00~19:00までの駐停車禁止
  • 渋滞の緩和目的で吉祥寺通りでの入庫待ち(駐車場の空き待ち)は遠慮いただいてる
  • 千円札以外のお札の使用不可

と言う条件があります。

混雑する花見シーズンに加え、運転しなれていないと余計に混乱するので、周辺の有料駐車場の利用もチェックしつつ、公共交通機関の利用も視野に入れましょう。

混雑を避けるポイント

車でのアクセスは、公園の駐車場だけでは少なく規制もあるので、慣れていても駐車場待ちが出来ないので運も絡んでしまうのが難点です。

なので、駅からのアクセスが無難な混雑回避のポイントと言えます。

また、車でアクセスする場合は、事前に周辺の駐車場予約をすれば確実に駐車出来るようになります。

予約さえすれば、駐車場を探すことなく車を停める事が出来て、更にリーズナブルな価格で終日駐車できることが多いので、時間を気にせず花見を楽しむことが出来ますよ♪

駐車場予約 >>井の頭恩賜公園周辺の駐車場をチェックする【akippa(あきっぱ!)】

井の頭恩賜公園の花見ポイント

桜まつりとライトアップイベントは?

井の頭恩賜公園での桜まつりとライトアップイベントはありません

ライトアップについては、真っ暗闇になるのではなく、街灯はあるのでぼんやりと桜を照らしてくれる夜桜となります。

ですが、屋台や売店は出店されており、近隣にも飲食店があるので、宴会目的でなく手ぶらで来たとしても軽い食事をする事は出来ます。

また、都内ならではのデリバリーも豊富なので、ちょっと食事を豪華にしたり、宴会をラクにする事も出来ちゃいますよ♪

PICKUP!! >>井の頭恩賜公園にうまい!をお届け【楽天デリバリー】

大人気アクティビティ!ボートで花見

井の頭恩賜公園にある井の頭池は、ニュースでも話題になった「よみがえれ!!井の頭池!」として、井の頭池の水を抜き、ゴミの除去、外来種の魚の駆除により、水質の改善・生態系の回復がされました。(2017年まで予定)

この活動により以前よりも「井の頭池の水質が良くなった」と言われています。

以前よりもキレイな池でボートを借りて花見を楽しめるので、ファミリーの方からカップルでデートを楽しんだりと、より桜を楽しめる環境になったと言えるでしょう。

これからもキレイに維持できるようゴミの持ち帰りをして気持ち良く利用したいですね!

場所取りのポイントと注意点

花見の宴会は22:00厳守で可能です。場所取りのポイントとしては、

  • 地面が平坦な場所は前日から埋まる事がある
  • 当日の早朝では、少し傾斜のある場所になる事もある

と言う場所取りとしては、座りやすい一等地は前日から埋まり、ちょっと座りやすい場所は早朝からであれば場所取り出来るとの情報があります。

場所取りで人気の場所は、JR「吉祥寺駅」からアクセスしやすい「野外ステージの音楽堂付近」は人気があるので、人気がある場所をあえて避ける事も場所取りのコツと言えるでしょう。

花見の現地集合は早めが吉

花見シーズンだけでなく、花見以外でも普段から利用する人が多い公園ではあります。花見シーズンには特に吉祥寺方面は混雑するとのことです。

となると、吉祥寺方面からのアクセスは避けたいところではありますが、井の頭恩賜公園へのアクセスは、吉祥寺通りを歩く事になるので、混雑は覚悟しなくてはいけません。

宴会などでまとまった人数で現地集合となると、駅から近いとはいえ時間がかかる事も予想されるので、余裕を持って花見会場へ向かいましょう。

井の頭恩賜公園の基本情報

【名称】

  • 都立井の頭恩賜公園(とりついのかしらおんしこうえん)

【住所】

  • 〒180−0005 東京都武蔵野市御殿山1-18-31

【例年の見ごろ時期】

  • 3月下旬~4月上旬

【ビューポイント】

  • 井の頭池周辺の湖面に移る桜・桜吹雪
  • 七井橋(なないばし)から眺める桜

【注意事項】

  • 宴会は22:00まで(厳守)
  • 火器使用禁止
  • 鳥への餌付け禁止
  • ゴミの持ち帰り

【関連・公式サイト】

関連 公園へ行こう! 井の頭恩賜公園

まとめ

濁っていた池がキレイになった事もあり、より気持ちの良い花見ができるスポットになったと感じています。

宴会だけでなく多くの方が花見の楽しめる井の頭恩賜公園へ、足を運んでみてはいかがでしょうか。

PICKUP!! >>井の頭公園 周辺のホテル・旅館を探す【楽天トラベル】

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

おすすめ記事