40種類のカラフルなあじさいが散策路を彩る「鎌倉 長谷寺」

長谷寺のあじさい

神奈川県鎌倉市に位置する長谷寺は、鎌倉市を代表するあじさいの3大名所の一つで、40種類、約2,500株のあじさいが群生して咲いています。

色とりどりのレインボーの様にカラフルな紫陽花が「あじさい路」を彩り、鎌倉の相模湾近くの小高い丘の上にある事から、丘の上を登った先には、由比ヶ浜と三浦半島そして街並みを一望する事が出来、日本だけにとどまらず海外の方も含め多くの観光客が足を運びます。

スポンサーリンク

長谷寺のあじさいの様子

最寄り駅と駐車場

【最寄り駅】

  • 江ノ島電鉄線「長谷駅」下車、徒歩約5分

【駐車場】

  • 30台

電車でのアクセスは、通称江ノ電に乗り長谷駅から約350mとアクセス的に良い場所に位置するのですが、問題なのは「江ノ電も混雑する」という事ですね。

車窓からの景色や街並みの景色は旅行気分を盛り上げてくれるので利用する方向で考えると、乗り始めの駅をずらす事も混雑回避のポイントになります。

鎌倉駅から江ノ電に乗る時には、40分待ちとの情報もあるので、候補に挙がるのは、小田急電鉄や江ノ島電鉄にも乗車できる「藤沢駅」からですと鎌倉駅ほど混雑しておらず、江ノ電に乗れるとの情報があります。

車でのアクセスは、長谷寺入り口の駐車場は30台しかないので、駐車は困難と考えて良いでしょう。

となると周辺駐車場の利用となり、コインパーキングなどの駐車場は点在しており、距離の近い場所としては国道32号線の通りの駐車場が距離的に近く1kmほど離れた由利ヶ浜方面にも駐車場があります

車のアクセスで問題となるのは渋滞で、あじさいのシーズンの長谷寺周辺道路は渋滞するとの事なので、土曜日、日曜日の週末は特に混雑が予想されます。

渋滞回避のポイントとしては、開門時間の8:00前にはアクセスして周辺駐車場に駐車したり、藤沢駅や大船駅周辺の駐車場を利用して電車を利用するのも手ですね。

混雑を少しでも回避するポイント!

鎌倉のあじさいの三大名所の一つという事もあり、どうしても混雑する事が予想されますが、少しでも混雑を避けるポイントを紹介します。

混雑の特徴としては

  • 晴れた日の土曜日・日曜日の週末
  • 平日はそこそこ混雑する
  • 見ごろの週末は入場制限が出る
  • ピークの待ち時間は1時間や2時間にもなる
  • 鎌倉駅は江ノ電の乗車待ちで時間がかかる

と言うのが混雑の情報です。上記の情報から出来る限り混雑を避けるのは、

  • 雨が降っている日
  • 開門時間8:00には到着する
  • 平日でも開門時間前にアクセスする
  • 土曜日・日曜日は出来る限り避ける
  • 最盛期の6月中旬~6月下旬を避ける
  • 鎌倉駅からの江ノ電の利用は避ける

と言った様になりますね。6月の鎌倉は混雑するので仕方ない部分もありますが、お昼の時間帯などの混雑する時間帯は、気温も上がって暑くなることも予想されるので、水分補給やうちわ、タオルなどを持参して下さいね。

入場制限のココがポイント

鎌倉の長谷寺では、あじさいの季節のピークになり混雑する日には、「あじさい路」のみ整理券が配布され入場制限が掛けられます。この整理券による入場制限にはポイントがありますので、ここではシンプルにまとめますね。

  • あじさい路が渋滞すると、入山口で整理券配布
  • 拝観券を購入すると、1人1枚整理券を貰える
  • 1番号に対して15分程度の待ち時間
  • 整理券があれば当日のみ長谷寺から出てOK
  • 再入場は、「整理券」と「拝観券」が必要
  • 再入場の最終時間は、平日17時、土日18時まで
  • 最盛期の土曜日、日曜日は16時で整理券の配布終了

となっています。

整理券を貰い、入場時間のチェックだけ行えば、ずっと並ばなくてもOKなので日陰で休んだり、散策路以外のあじさいを鑑賞したり時間つぶししましょう。

下記の様にランチ出来る様な場所もあるので、近くに行くのも良いかと思います。

参考 食べログ 長谷寺周辺グルメ ※短縮URLになります。http://goo.gl/BesBX5

長谷寺のあじさいの見どころ!

鎌倉のあじさい3大名所という事もあり、混雑必須ですが、混雑しているからこそ満喫したいですよね!

  • カラフルなあじさいが咲くあじさい路
  • 長谷寺オリジナルの3種類のあじさい
  • 可愛い表情の縁結び「良縁地蔵」

この3点は意識して見たいポイントです。

【カラフルな色のあじさい】

あじさいの色合いなのですが、同じ鎌倉のあじさい名所の明月院では、殆どのあじさいが明月院ブルーと言われるほど青で染まるのです。

ほぼ一色に染まる明月院とは違い、長谷寺では色とりどりのあじさいが山を彩るので、場所によっては白、ピンク、紫、青、そして新緑の緑と虹色を連想させるカラフルなあじさいが咲き乱れます。

【長谷寺オリジナルのあじさい】
  • 藤色に染まる「長谷の祈り(はせのいのり)」
  • 鮮やかなブルーに染まる「長谷の潮騒(はせのしおさい)」
  • 紫色に染まる「長谷四片(はせよひら)」

の3種類は長谷寺ではお寺で命名した「オリジナルのあじさい」とになります。一面に植えられているわけではない様ですが、名札が付いていますのでチェックして下さいね。

【縁結びと良縁の良縁地蔵】

3つ目は、お地蔵さんが3体寄り添った形で微笑んでいる「良縁地蔵」が、3か所に居ます。

1ヶ所は、あじさい路のあじさいに囲まれる形で微笑んでいるので、色々な意味で良い縁に恵まれるようにパワーを頂いちゃいましょう!

長谷寺の基本情報

【名称】

  • 鎌倉 長谷寺(かまくら はせでら)

【住所】

  • 〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷3丁目11−2

【開門時間】

  • 8:00~17:00
  • ※閉山17:30

【例年の見ごろ時期】

  • 6月中旬

【ビューポイント】

  • あじさい路に咲くカラフルなあじさい
  • あじさい路を登った先の由利ヶ浜の一望

【注意事項】

  • ペットの同伴は基本お断りしています。※同伴する場合は公式サイトを参照ください。
  • 歩きやすい靴、雨の日は滑りにくい靴で散策して下さい。
  • 天候が良い日は、帽子、水分補給を忘れずに。

【関連・公式サイト】

鎌倉 長谷寺 http://www.hasedera.jp/

まとめ

長谷寺はあじさいシーズンは混雑は避けられないものの、入場制限がある事で、ある程度の人数調整される事に繋がるので、中に入れば思っているよりはゆったり見られるとのことです。

鎌倉であじさいを見る予定の方は、明月院や成就院と一緒に3大名所の中の一つ、カラフルなあじさいが咲く名所「鎌倉の長谷寺」へ、いつもより早起きをして足を運んでみてはいかがでしょうか。

PICKUP!! >>長谷寺 周辺のホテル・旅館を探す【楽天トラベル】

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

おすすめ記事