広大な敷地でのびのびと桜を楽しめる「都立小金井公園」の花見

小金井公園の桜
photo by DSC_0634 | I’m J.C | Flickr

東京都小金井市に位置する都立小金井公園は、約80万平方メートルと言う広大な敷地の都立公園で芝生広場が非常に広い花見スポットです。

ヤマザクラ、ソメイヨシノ、カスミザクラなど約50種類、約1,700本の桜が約80万平方メートルという広大な敷地に咲き誇ります。

スポンサーリンク

都立小金井公園の桜の様子

交通アクセス

 最寄り駅からアクセス

  • JR中央線「武蔵小金井駅」より西武バス約5分「小金井公園西口バス停」下車、西口門まで「徒歩」すぐ
  • JR中央線「武蔵小金井駅」より関東バス約5分「江戸東京たてもの園前バス停」下車、江戸東京たてもの園前まで「徒歩」で約3分 

最寄駅から徒歩で行く場合は、1.5km強の距離を歩かないといけません。

歩けない距離ではありませんが、足腰に不安がある方は、バスの利用も視野に入れましょう。

また、小金井公園の最寄りのバスは複数ありますが、花見や桜まつりを考えたアクセスは上記の西側方面が最寄りのバス停となります。

 車で駐車場へアクセス

【駐車場】

  • 小金井公園第一駐車場
  • 小金井公園第二駐車場

【駐車台数】

  • 第一駐車場 454台 有料
  • 第二駐車場 110台 有料
  • ※臨時駐車場あり

【利用時間】

  • 24時間

比較的まとまった台数が駐車出来て、臨時駐車場があるとのことですが、花見シーズン中は駐車場が満車になり、土曜日、日曜日の週末や祝日は、五日市街道が大変混雑します。

道路での入庫待ちは遠慮いただくほど渋滞が予想され、駐車場内への入庫制限が行われる可能性もあります。

また、道路の渋滞により車の出庫も時間がかかるので、入庫も出庫も混雑し散るなんて事があります。

縦列駐車の箇所もあるので、自身の無い方は周辺の駐車場の利用も視野に入れましょう。

また、桜の園や江戸東京たてもの園に向かう場合は、小金井公園第一駐車場の方が近いです。

混雑を避けるポイント

車でのアクセスでは、週末の場合は駐車場への渋滞を避けて小金井公園の駐車するには、朝早めにアクセスしたいところです。

小金井公園周辺の駐車場では、少々距離が離れてしまいますが、荷物が少なくて混雑している場合は駐車してしまうのも手だと思います。

また、車でアクセスする場合は、事前に周辺の駐車場を予約すれば確実に駐車出来るようになります。

予約さえすれば、駐車場を探すことなく車を停める事が出来て、更にリーズナブルな価格で終日駐車できることが多いので、時間を気にせず花見を楽しむことが出来ますよ♪

駐車場予約 >>小金井公園周辺の駐車場をチェックする【akippa(あきっぱ!)】

桜に囲まれた会場で開催!「小金井桜まつり」

【お祭り名】

  • 小金井桜まつり

【開催期間】

  • 2017年04月01日(土) ~ 2017年04月02日(日)

【例年の開催期間】

  • 4月上旬の金~日の2、3日間

【開催場所】

  • 江戸東京たてもの園前広場

小金井桜まつりでは、会場となる江戸東京たてもの園前広場にて、様々な舞台での発表や催し物、30店舗以上の屋台の出店もされます。

屋台では、一般的な屋台ではなくテント村の様に軒を連ねており、過去には地元のお酒などの販売も行われましたので、また違った味わいになりますね。

桜の花見の合間の休憩として、普段見られないような舞台発表を見るのも良いですね。

 見どころ
  • ステージでのダンスや演奏のイベント
  • テント村の様に軒を連ねる屋台

場所取りのポイントと注意点

場所取りについてのルール

都立小金井公園では、場所取りや宴会は可能ですが、いくつか注意点があります。

  • 夜間の宴会禁止
  • ゴミ箱の設置は屋台のみ
  • 要ゴミの持ち帰り

24時間開放されていますが、夜間の宴会は禁止となり、ゴミ箱の設置もないので、屋台から食べ物を買って出たごみは屋台に返して、持ち込んだごみは持ち帰るようにしましょう。

ゴミが出にくい工夫をしておくと良いですね。

広い芝生広場の場所取りポイント

花見の場所取りの場所は、広大な芝生の広場が場所取りの中心となります。

都心の花見スポットの中では、花見場所を取るのに争奪戦となる事は無いと言われてはいますが、空いているという事ではなく、桜まつりの時期や満開時には混雑が予想されます。

混みあうポイントとしては、

  • 桜まつり開催期間中
  • 桜の木に近く
  • 桜の木が頭上を覆う場所

は特に人気の場所となるので、この様な人気の場所で花見をしたい場合は、大人数での花見場所の確保、お昼頃など遅い時間からの場所取りは避けたいところではあります。

広大な敷地という事もあり、家族4人やカップルなどの小人数であればシートを敷いての食事は十分可能だと予想されますが、

ですが、駅からのアクセスが良好と言うわけではないので、大人数の場所取りとなると荷物の問題が出てきます。

荷物を運ぶ人が車で向かう場合は、駐車場のスペースの場所取りも必要なので、午前中の朝から向かう事がポイントになります。

幹事さんが活用したい宴会のポイント

都立小金井公園は、広大な敷地の公園という事もあり、花見シーズンの幹事さんにとっては、「食べ物や飲み物を用意する」際に色々な手があります。

  • デリバリー
  • ケータリング
  • バーベキュー

などを事前に予約する事で食べ物や飲み物の確保が出来るという事になります。

場所の確保次第ではありますが、ビールサーバーのデリバリーだったり、お酒のつまみやお弁当をケータリングするなんて事も良いですね。

幹事さんは場所取りと食事を任された場合には、デリバリー、ケータリング、バーベキューの予約などを活用して、食事の部分はラクしてくださいね。

都内ではのデリバリーも豊富なので、ちょっと食事を豪華にしたり、宴会をラクにする事も出来ちゃいますよ♪

PICKUP!! >>小金井公園にうまい!をお届け【楽天デリバリー】

完全手ぶらでOKな「バーベキュー」

【バーベキュー会場】

  • ユーカリ広場
  • 完全予約制 100サイト(場所)分まで

【受付時間】

  • 9:30~14:30

【利用時間】

  • 10:00~16:00

小金井公園では、バーベキューが出来る場所があり、完全予約制となっています。

桜が密集している位置からは離れてしまいますが、決められた時間での利用となるので、バーベキューでゆっくり食事を楽しんでから、桜の花見はバーベキューが終わった後や始める前にゆっくりするのもありかと思います。

予約さえしておけば、食材・調味料・バーベキューの道具類が付いてくる「手ぶらセット」があり、最小限の荷物でバーベキューが楽しめちゃいます。

また、バーベキューが出来るように予約さえしておけば、少し贅沢なお肉を持ち込んだり、生ビールのサーバーをレンタルして楽しんじゃうことも出来ますよ♪

公式  小金井公園 手ぶらでバーベキュー|公園へ行こう!

都立小金井公園の基本情報

【名称】

  • 都立小金井公園(とりつこがねいこうえん)

【住所】

  • 〒184-0001 東京都小金井市関野町1−13−1

【駐車場】

  • 小金井公園 第1駐車場 454台
  • 小金井公園 第2駐車場 110台

【例年の見ごろ時期】

  • 3月下旬~4月下旬

【ビューポイント】

  • 公園西口「桜の園」 数種類の桜

【注意事項】

  • 深夜の宴会禁止
  • 要ゴミの持ち帰り
  • 火気厳禁
  • コンロの持ち込み
  • テントの設置不可
  • バーベキュー広場のみバーベキュー可能

【関連・公式サイト】

まとめ

都立小金井公園は、夜桜の専門的なライトアップは無い物の、広い芝生でのファミリーでのピクニックから宴会まで多くの方に人気の公園です。

アクセスは良好とは言えませんが、桜の花見としても種類が多く、芝生でのんびりと過ごせる花見スポットとして一度は足を運んでみてはいかがでしょうか。

PICKUP!! 

>>小金井公園 周辺のホテル・旅館を探す【楽天トラベル】

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

おすすめ記事