可愛いコスモスとコキアの紅葉が魅せる秋の「国営ひたち海浜公園」

国営ひたち海浜公園に広がる紅葉したコキアとコスモス
photo by hirohiroslope | Flickr

茨城県ひたちなか市に位置する国営ひたち海浜公園は、秋になると200万本のコスモスと3万2千本のコキアが一緒に見ごろ迎えるシーズンになります。

国営ひたち海浜公園と言えばネモフィラを思い浮かべますが、春のネモフィラに次いで人気なのが、コスモスとコキアの季節で、特に10月の真っ赤に紅葉するコキアが丘一面に広がり多くの観光客を魅了しています。

スポンサーリンク

国営ひたち海浜公園のコスモスとコキアの様子

最寄り駅と駐車場

【最寄り駅】

  • JR「勝田駅」より「茨城交通バス」約20分「海浜公園西口バス停」or「海浜公園南口バス停」下車、「徒歩」すぐ

【駐車場】

  • 西駐車場 2,000台
  • 南駐車場 2,000台
  • 海浜口駐車場 350台
  • 合計 4,350台 有料
  • ※第1~第3までの臨時駐車場開設も予定

最寄駅からのアクセスは、勝田駅から国営ひたち海浜公園まで徒歩で行くとしても約7kmの距離なので現実的ではありません。

その為、バスやタクシーの利用となりますが、色々な選択肢がありますが、なるべく歩かないルートを考えた場合は、

  • 「勝田駅東口」→「茨城交通バス」→「海浜公園西口」
  • 「勝田駅東口」→「茨城交通バス」→「海浜公園南口」
  • 「勝田駅東口」→「タクシー」
  • 「阿字ヶ浦駅」→「スマイルあおぞらバス」→「海浜公園西口」
  • 「東海駅東口」→「茨城交通バス」→「海浜公園西口」

となります。また、秋季限定の無料のコキアシャトルバスが運行され、

  • 2016年9月17日(土)~11月6日(日)
  • ひたちなか海浜鉄道湊線「阿字ケ浦駅(あじがうらえき)」発
  • 土曜日、日曜日、祝日の日限定

の条件付きで運行が予定されています。

この無料シャトルバスは阿字ヶ浦駅のダイヤと合わせて運行されるので、待ち時間がほとんどないのが強みになります。

公式 国営ひたち海浜公園 シャトルバス

車でのアクセスは、駐車台数が合計で4,350台と広くまとまった台数が用意されています。

気になる混雑情報としては、ネモフィラの時期ほどの渋滞や混雑もせず、周辺の道路も混雑しないとの情報があります。

とはいえ人が全く来ないと言うわけではなく、

  • 10月のコスモスとコキアの両方が見ごろ
  • メディアで取り上げられた次の日
  • 土曜日、日曜日、祝日
  • 3連休などの連休
  • 入園料無料の日

などは混雑が予想されます。

ちなみに2016年の連休は、9月17日(土)、18日(日)、19日(祝)と10月8日(土)、9日(日)、10日(祝)が3連休となっています。

総合して考えるとネモフィラ程の混雑はないかと思いますが、テレビなどで取り上げられると次の日には来場人数が増えることも予想されます。

※9月19日(祝)は3連休最終日ですが、入園料無料となります。

アクセス方法はやはり車が自由度が高く、コスモスとコキアの咲くみはらしの丘に一番近い駐車場は西駐車場になります。

また、阿字ヶ浦駅が近い場合は、コキアシャトルバスを利用するのも選択肢として挙がりますね。

秋の花の見どころ

200万本が咲く優しい色のコスモス

【場所】

  • 大草原フラワーガーデン
  • 見晴らしの丘ふもと

【見ごろ時期】

  • キバナコスモス 9月下旬〜10月中旬
  • コスモス    10月上旬〜10月下旬

【最寄りのゲート】

  • 中央ゲート

国営ひたち海浜公園のコスモスは、色分けで言うとオレンジや黄色のビタミンカラーの花を咲かせるのがキバナコスモスと、ピンクや白の可愛らしい花を咲かせるコスモスの2つに分かれます。

キバナコスモスが一足先に見ごろを迎え、コキアと一緒に見ごろを迎えるのがピンクや白色のコスモスになります。

キバナコスモスもコスモスも見ごろになるのは、10月になるので開花情報をチェックして見に行きたいですね。

4種類の色が楽しめる32,000本のコキア

【場所】

  • 見晴らしの丘

【見ごろ時期】

  • 緑   7月上旬~9月中旬
  • 緑と赤 9月下旬~10月上旬
  • 赤   10月上旬~10月中旬
  • 黄金  10月下旬

【最寄りのゲート】

  • 西口・翼のゲート

ホウキグサとの和名があるモコモコのコキアには、4つの楽しみ方があるんです。

まず夏から初旬にかけてのコキアは、淡い緑色の姿を見せてくれます。

そして、80cmほど成長が止まったコキアは徐々に頭から赤色に紅葉していきます。この頃には赤と緑のグラデーションが楽しめます。

3段階目は、最も見ごろとなる真っ赤に色づいたコキアですね。丘一面に広がる紅葉したコキアは、明るい時間帯から夕日が沈む時間帯まで、色々な姿を見せてくれ、同時期に見ごろになるコスモスが丘のふもとを華やかに咲き、一緒に楽しむことができます。

そして、4段階目には秋が深まる10月下旬頃に徐々に赤色から黄金色に変化していきます。

この様に一つのコキアが、緑コキア、緑赤コキア、赤コキア、黄金コキア、と4段階で色づくので、色づいていないと嘆くことなく楽しめると言えます。

赤く紅葉したシーズンが最盛期ではありますが、個人的にグラデーションのコキアや、黄金色のコキアも絵になるなと思います。

国営ひたち海浜公園の基本情報

【名称】

  • 国営ひたち海浜公園(こくえいひたちかいひんこうえん)

【住所】

  • 〒312-0012 茨城県ひたちなか市大字馬渡大沼605−4

【開園時間】

  • 9:30~17:00

【例年の見ごろ時期】

  • キバナコスモス 9月下旬〜10月中旬
  • コスモス 10月上旬〜10月下旬
  • コキア 10月上旬~10月中旬

【ビューポイント】

  • みはらしの丘の上のコキアとコスモスのグラデーション
  • 一眼レフなどのボカシが出来るカメラをお持ちの方は、コスモスやコキアをボカシて写真を撮りまくりましょう!

【注意事項】

  • 花の鑑賞は「散策路」からだけです。土が見えていても散策路以外の場所は絶対に入らないでください。
  • 「みはらしの丘」の散策路は、広くはないため譲り合って鑑賞して下さいね。

【関連・公式サイト】

公式 国営ひたち海浜公園

まとめ

一面ブルーのネモフィラは言うまでもなく素晴らしいですが、秋の国営ひたち海浜公園は、コスモスとコキアのグラデーションが見られ素晴らしい景色が広がるシーズンです。

コキアの見る時期によって色の違いも楽しめるので、ネモフィラを見に行った方はもちろん、紅葉と花が好きなパートナーと一緒に足を運んでみてはいかがでしょうか。

PICKUP!! >>国営ひたち海浜公園 周辺のホテル・旅館を探す【楽天トラベル】

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

おすすめ記事