祇園枝垂れ桜を初めライトアップされた夜桜の名所「円山公園」の花見

ライトアップされた祇園枝垂れ桜
photo by 祇園枝垂桜 – 1 | YU-TA LEE | Flickr

京都府京都市に位置する円山公園は、約680本ある桜の中で円山公園を代表する桜「一重白彼岸枝垂桜(ひとえしろひがんしだれざくら)」、通称「祇園枝垂れ桜」がある花見スポットです。

京都府の円山公園はミシュラングリーンガイドと言われる「旅行者に特にお勧めしたい場所」として、ミシュラングリーンガイドの☆を1つ獲得すると言う、評価、注目されている桜の名所でもあります。

祇園枝垂れ桜周りでは、ブルーシートの使用を禁止としているので、景観を大切にしていると言える花見スポットでもあります。

スポンサーリンク

京都円山公園の桜の様子

交通アクセス

 最寄り駅からアクセス

【最寄り駅】

  • 京阪本線「祇園四条駅」より「徒歩」約10分

四条大橋を背にして四条通を進むと、京都円山公園へたどり着きます。

大きな駅である京都駅からもアクセスできますが、3km以上の距離があるので祇園バス停まで市バスを利用してアクセスしましょう。

 車で駐車場へアクセス

【駐車場の名称】

  • 京都市円山駐車場

【駐車台数】

  • 134台 有料

【利用時間】

  • 24時間

桜の見ごろ時期やライトアップされた夜桜の時期には、大変混雑する花見スポットです。

その為、京都市円山駐車場だけ頼ってしまうと駐車できない可能性も高いので、周辺駐車場の利用も視野に入れておきましょう。

混雑を避けるポイント

祇園のしだれ桜として有名なだけでなく、清水寺平安神宮など観光名所ともなっているので花見シーズン中は非常に混雑が予想されます。

京都市円山駐車場だけでは駐車できない可能性もありますので、周辺駐車場の利用も視野に入れておきたい所ですが、橋の近くは交通量が増える場所でもあるので出来れば大川の近くは避けたいですね。

また、車でアクセスする場合は、事前に周辺の駐車場を予約すれば確実に駐車出来るようになります。

予約さえすれば、駐車場を探すことなく車を停める事が出来て、更にリーズナブルな価格で終日駐車できることが多いので、時間を気にせず花見を楽しむことが出来ますよ♪

駐車場予約 >>京都円山公園周辺の駐車場をチェックする【akippa(あきっぱ!)】

祇園枝垂桜をより美しくする夜桜ライトアップ

【例年のライトアップ期間】

  • 3月上旬~4月上旬

【ライトアップ時間】

  • 日没~25:00(翌1:00)まで

【ライトアップの場所】

  • 円山公園全域

桜まつりはありませんが、ライトアップがあり、京都円山公園の代表的な桜である園内中央の大きなシダレザクラは通称「祇園の夜桜」と呼ばれており、ライトアップされることで、非常に幻想的でより美しい姿になります。

枝垂桜の回りには、細く割った松の木でかがり火が焚かれます。

京都円山公園に花見に来た際は、ライトアップされた夜桜はぜひ見ておきたいですね。

桜まつりイベントは予定されていません。

場所取りのポイントと注意点

場所取りについてのルール

場所取りをしての食事・宴会の規制はありませんが独自のルールがあります。

  • 前日からの場所取り禁止
  • 祇園枝垂れ桜周辺はブルーシートで場所取り禁止
  • 要ゴミの持ち帰り

となっています。

景観を守るためブルーシートの代わりにゴザの貸し出しが行われているので、場所に限らずゴザを使用した方が良いですね。

また、食べ残しなどのゴミが散乱するとカラスが木にとまって枝を折るなんて事態も発生しているとのことです。

ゴミの持ち帰りを徹底して気持ちよく花見をして下さいませ。

場所取りのポイント

京都円山公園は、朝から花見の場所取りが行われ、見ごろとなった花見シーズンには通路を除けば足の踏み場もない程になるとのことです。

ただし、いくら混みあうからと言っても前日からの場所取りは禁止となっているので、早くても早朝からの場所取りとなります。

円山公園を代表する桜の祇園枝垂れ桜の周辺では、ブルーシートの使用が禁止となっているので、大きなブルーシートが必要な場合は、祇園枝垂れ桜周辺は避けるての場所取りとなります。

ゴザ自体の大きさは、ブルーシートの様な大きいシートでは無いのですが、京都と言う景観を大切にする場所という事もあり、ゴザの方が風情ある花見が出来そうですよね。

花見茶屋で食事と花見

京都円山公園では、「花見茶屋」と呼ばれる屋外に赤い席が設けられている食事が出来るお店があり、席に対応したお店で料理を注文する事が出来ます。

ファミリーでのちょっとした食事や、少人数で荷物を減らしたい方の場合は、矢部モノや飲み物の持ち込みをしないで、花見席の方が良いかと思います。価格は少々高めなのだけがネックではありますね。

花見茶屋としての内容は、

  • 三味線茶屋では、桜が特にキレイに見られると言われる席
  • 音羽は予約をすれば焼肉も出来る
  • 銀水ではそばや丼ぶりを初めとする茶屋

となっています。

どんな席に座っても良いのではなく、それぞれの茶屋に割り当てられている席があると言う部分だけ注意が必要ですね。

参考 円山公園茶店 銀水

参考 花見茶屋 音和 – 東山 [食べログ]

※三味線茶屋の詳細情報無し

京都円山公園の基本情報

【名称】

  • 京都 円山公園(きょうと まるやまこうえん)

【住所】

  • 〒605-0071 京都府京都市 東山区円山町473他

【例年の見ごろ時期】

  • 3月下旬~4月中旬
  • ※枝垂桜は、4月の上旬頃まで

【ビューポイント】

  • ライトアップされた祇園枝垂れ桜(一重白彼岸枝垂桜)

【注意事項】

  • 前日からの場所取り禁止
  • 祇園枝垂桜の周辺はブルーシートでの場所取り禁止

【関連・公式サイト】

関連 京都観光オフィシャルサイト 京都観光Navi

まとめ

ミシュラングリーンガイドで星を一つ獲得して評価されていたり、ゴザの使用で景観を大切にするなど、風情ある桜の花見をする事が出来ます。

ライトアップされた夜桜の名所でもあるので、祇園の枝垂桜を初め機会があればぜひ夜桜を楽しんで下さいね。

PICKUP!! >>京都円山公園 周辺のホテル・旅館を探す【楽天トラベル】

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

おすすめ記事