名寄市が500万本のひまわりで咲き染まる「なよろひまわり畑」

なよろひまわり畑一面の向日葵
photo by 北海道無料写真素材集 Do Photo

北海道名寄市に位置する「なよろひまわり畑」は、名寄市一帯にひまわりが咲き総本数はなんと500万本を超えると言われています。

名寄市一帯で見かけるひまわりですが、メインのひまわり畑の地区は、2011年公開の映画「星守る犬」のロケ地にもなった、道立サンピラーパーク、名寄市智恵文を中心とした2つの地区になります。

スポンサーリンク

なよろひまわり畑の様子

「サンピラーパーク」の最寄り駅と駐車場

【最寄り駅】

  • JR宗谷本線「名寄駅」より「車」で約15分

【駐車場】

  • 100台

最寄駅からのアクセスは、距離を考えた場合は、JR宗谷本線「日清駅」となり、日清駅からは、イエローのレンタサイクルが無料で借りられます。

ただし、利便性の面では名寄駅となるので、名寄駅が最寄り駅と考えた方が良いでしょう。

名寄駅からはタクシーも利用でき、本数は少ないですが路線バスの利用も可能です。

ただ電車の本数が稚内方面の下りは7本、 旭川方面上りは15本と、多くても一時間に2本なので時刻表のチェックとプランは立てましょう。

参考 えきから時刻表 名寄駅 http://www.ekikara.jp/newdata/station/01221011.htm

車でのアクセスは、駐車場が100台用意されており、特別目立った渋滞情報はありません。

「名寄智恵文」の最寄り駅と駐車場

【最寄り駅】

  • JR宗谷本線「智恵文駅」より「車」で約30分

【駐車場】

  • MOA名寄農場 更生会場
  • 名寄智恵文ひまわり畑 東雲会場 

智恵文地区には、MOA名寄農場(更生会場)、名寄智恵文ひまわり畑(東雲会場)の2つがあります。

最寄駅からのアクセスは、利便性の良いJR宗谷本線「智恵文駅」より車で30分となっていますが、無料のレンタサイクルを借りてアクセスする事も出来ます。

問題となるのが智恵文駅から公共交通機関が無い事で、タクシーなら呼ばなくてはいけなく、最寄りのバス停も2キロ以上離れているので、現実的ではありません。

もしタクシーやバス、レンタカーを利用したい場合は、離れてしまいますがJR宗谷本線「名寄駅」が利便性が良いでしょう。

車でのアクセスは、智恵文地区の中心会場である、東雲会場のMOA名寄農場の駐車場が30台と少な目ですが、目立った混雑情報はありませんでした。

各エリアのひまわりの見どころ

道立サンピラーパーク

道立サンピラーパークは、広大な敷地に様々な施設のある公園です。

サンピラーパークのひまわりは、風の丘と言う丘に植栽されており、丘の上からの顔をそろえたひまわり鑑賞や下からの眺めが楽しめ、広大な敷地に元気いっぱいのビタミンカラーが目を惹きます。

そして限定で日没後から20:00までひまわりのライトアップも行われます。

星守る犬の映画で撮影として使われた家や車も展示されているので、映画好きの方、出演者のファンの方は要チェックです!

他にも、水遊びが出来る広場、ふわふわドームと言うトランポリンなどの遊具施設もあり、お子様も元気いっぱい遊ぶ事ができますよ♪

名寄市智恵文ひまわり畑

智恵文エリアのひまわり畑は、広大な農村風景が美しいエリアです。

ひまわりの規模が以前より小さくなったとはいえ、一面のひまわりは素晴らしく、MOA名寄農場では、ひまわりの迷路や、刈り取りの体験が出来るイベントも開催されます。

名寄市智恵文ひまわり畑と呼ばれる東雲会場が、約6ヘクタールと言う一番規模が大きい畑になります。

自然に囲まれた中に広がる広大なひまわり畑は必見です。

名寄市のひまわり特産品

名寄市のひまわりは、3つの目的で植えられており、景観の為、緑肥の農業の為、そしてひまわり油などの加工品にすると言う目的もあります。

この加工品は名寄市の特産品となっており、

  • 無添加ひまわり油「北の耀き」
  • フリーズドライの「ひまわりの花パウダー」

北の耀きは、契約農家が育てたひまわりの種から絞ったひまわり油は、一般的なひまわり油と違い、16万個の種から275gの一瓶しか作れない貴重なひまわり油です。

薬品や食品添加物を一切使用せず、一番初めに絞り切る分の油のみ使用したオイルで、ヴァージンサンフラワーオイルと呼ばれています。

ひまわりの花パウダーは、MOA名寄農場が開発したのですが、使用しているひまわりは農薬や化学肥料を使わないで育てたひまわりの花びらのみ使用しています。

フリーズドライ製法で粉末にしていて、ひまわりのイエローカラーに染める天然の着色料として使用できます。クッキーやパンも良いですが、カレーに添えるご飯を染めてもよさそうですね。

2つの商品とも加工品とは言え、すごいこだわりの商品です。オイルは一般的な油と比べてしまうと安いとは言えませんが、特別なお土産としてチェックしてみて下さいね。

名寄市のひまわりの基本情報

【名称】

  • なよろひまわり畑(なよろひまわりばたけ)

【住所】

  • 道立サンピラーパーク 〒096-0066 北海道名寄市字日進147
  • MOA名寄農場 〒098-2181 北海道名寄市智恵文
  • 名寄市智恵文ひまわり畑 〒098-2181 北海道名寄市智恵文クウカルウシユナイ
  • ※連作障害対策で移動するため、ひまわり畑のピンポイントの住所ではありません。

【シーズン中開園時間】

  • 道立サンピラーパーク 9:00~18:00
  • MOA名寄農場 9:00~18:00

【例年の見ごろ時期】

  • 8月上旬~8月中旬

【ビューポイント】

  • サンピラーパークの丘の上からの一面のひまわり

【注意事項】

  • 舗装された散策路ではないので、歩きやすい靴そして汚れても良い靴をオススメします。

【関連・公式サイト】

名寄市 ひまわり情報 http://goo.gl/ihjr4d ※短縮URL

道立サンピラーパーク http://www.nayoro.co.jp/sunpillarpark/

まとめ

なよろひまわり畑は、名寄市一帯にひまわりが咲くので、移動を考えるとレンタカーやマイカーが良いですね。

晴れた日の満開時期には、素晴らしい景色が広がるので、ひまわりシーズンに名寄市に旅行に行く際は、一帯に咲くなよろひまわり畑を鑑賞しに足を運んでみてはいかがでしょうか。

PICKUP!! >>なよろひまわり畑 周辺のホテル・旅館を探す【楽天トラベル】

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

おすすめ記事