全体で約7,000本もの桜が咲き誇る名所「根来寺」の花見

根来寺の桜
photo by Tetsuhiro Terada | Flickr

和歌山県岩出市に位置する根来寺は、日本最大の木造の国宝があるお寺で、約36万坪と言う広大な敷地に境内には約3,000本、全体には約7,000本の桜が咲くと言われている花見の名所です。

桜の種類としてはソメイヨシノだけでも約4,500本と言われ、約600本のネゴロザクラの古木などが代表的な桜となっており、毎年訪れる多くの花見客を魅了しています。

スポンサーリンク

根来寺の桜の様子

最寄り駅と駐車場

【最寄り駅】

  • JR阪和線「和泉砂川駅」より「和歌山バス」で約16分「根来寺バス停」下車、徒歩すぐ

【駐車場】

  • 無料 80台

車でのアクセスは、駐車場が80台と少なく、周辺駐車場も距離が離れているだけでなく、施設利用者の為の駐車場となっています。駐車場の少なさに加えて周辺道路は渋滞するという事なので、公共交通機関の利用が良いでしょう。

アクセス方法の中心となるのは、電車とバスとなりますが、バスでのアクセスでは、最も歩く必要が無い「根來寺」のバス停への本数が少ないので、計画的行く必要があります。

バスを利用して歩く距離を少なくする為には、バスの時刻表に合わせて電車の時間を調整しましょう。

根来寺 アクセス http://www.negoroji.org/access.html

建造物と桜のライトアップ

【例年のライトアップ期間】

  • 3月下旬~4月上旬
  • ※桜の開花に合わせて

【ライトアップ時間】

  • 19:00~22:00(予定)

【ライトアップの場所】

  • 大塔
  • 大門

日本最大の木造多宝塔であり国宝の「大塔」と、根来寺の総門である「大門」のライトアップという事で、桜をメインとした本格的なライトアップではないようです。

夜桜の時間の方が人が少ないとの情報がありますので、穴場の時間帯ともいえるようですが、桜の花見を楽しむのであればお昼の明るい時間帯がメインとなるようです。

お寺なのに宴会可能!?場所取り情報

お寺なので、シートを敷いての宴会は不可かと思いきや、シートを敷いて宴会や食事が可能となっています。

場所としては、境内にある「もみじ谷公園」周辺の広場となります。

ルールとして、

  • 全面禁煙
  • 火気厳禁
  • 要ゴミ持ち帰り

と基本的な宴会ルールと禁煙になっているのがポイントとなります。木造の建築物が多い場所でもありますし、桜の花見は火気厳禁は基本となりますので絶対に行わない様にしましょう。

お寺の境内、敷地内で宴会が可能な花見スポットは貴重な場所でもあるので、今後も場所を借りてお花見ができるように、ルールは守って気持ち良く利用しましょう!

根来寺の基本情報

【名称】

  • 根来寺(ねごろじ)(ねごろでら)
  • ※來でも来はどちらも「くる」で変換可能ですが、多く広まっているのは「来」のようでで名称としてはどちらでも通用するようです。

【住所】

  • 〒649-6202 和歌山県岩出市根来2286

【例年の見ごろ時期】

  • 3月下旬 ~ 4月上旬

【ビューポイント】

  • 大門からの桜の参道
  • もみじ谷公園からの眺め

【注意事項】

  • 全面禁煙
  • 火気厳禁
  • 要ゴミ持ち帰り

【関連・公式サイト】

根來寺 http://www.negoroji.org/

まとめ

根来寺は夜桜よりもお昼の方がメインとなる花見の名所で、満開時の根来寺とその周辺の桜は、約7,000本と言われる本数から圧巻の景色となるでしょう。

シートも広げられるので、お弁当をもって春の根来寺で花見を楽しんでみてはいかがでしょうか。

PICKUP!! >>根来寺 周辺のホテル・旅館を探す【楽天トラベル】

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

おすすめ記事