京都府で最も遅咲きの桜が咲く「仁和寺」御室桜の花見

仁和寺の桜
photo by papalagi chen | Flickr

京都府京都市に位置する世界文化遺産に指定される仁和寺は、京都府の桜では、最も遅咲きの桜の御室桜が咲くお寺で、御室桜の満開を迎える頃には、春の終わりを告げると言われています。

仁和寺ではメインとなる桜が御室桜となっており、木の高さが2m~3mと目線に近い場所で見られるので、桜に近い花見をする事が出来、写真にも収めたい桜でもあります。

スポンサーリンク

仁和寺の桜の様子

交通アクセス

 最寄り駅からアクセス

【最寄り駅】

  • 京福電鉄北野線「御室仁和寺駅」下車、徒歩約3分

御室仁和寺駅を下車して大通りを200mほど直進すれば、仁王門にたどり着くことが出来ます。

JRの利用がいい方は京福電鉄北野線より先の嵯峨野線を利用して、バスやタクシーでのアクセスが必要となってきます。

 車で駐車場へアクセス

【駐車場の名称】

  • 仁和寺駐車場

【駐車台数】

  • 100台 有料

100台の駐車場で、周辺駐車場も台数が少ないです。

仁和寺は人気の花見スポットでもあり、花見シーズン中の御室桜の時期は特に混みあいます。

アクセスに少々時間がかかっても車でアクセスして周辺駐車場を探すのであれば、電車やバスなどの公共交通機関の利用を推奨します。

混雑を避けるポイント

土曜日や日曜日、満開になった日は、隣接しているきぬかけの路は非常に混みやすい道路になっており、周辺の道路は大渋滞するとのことです。

そして、コインパーキングなどの周辺駐車場は、近くても駐車可能台数が少ないので、駐車場もなかなか難しいんです。

出来れば公共交通機関の利用がオススメですが、どうしても車でアクセスしたい場合は、仁和寺の駐車場、周辺駐車場、予約できる駐車場など、色々活用して駐車場の確保をしましょう。

駐車場の予約では、駐車場を探すことなく車を停める事が出来て、更にリーズナブルな価格で終日駐車できることが多いので、時間を気にせず花見を楽しむことが出来ますよ♪

駐車場予約 >>仁和寺周辺の駐車場をチェックする【akippa(あきっぱ!)】

食事や宴会のポイントと注意点

お寺ながら飲食・宴会可能

仁和寺では、お寺ながら飲食・宴会が可能となっているんです。

ですが、利用するにあたっていくつかルールがあります。

  • 桜園は飲食禁止
  • ゴミは全て持ち帰り
  • 寺院境内であることを理解する
  • 大人数の場合は事前申請が必要

となっています。

食事が出来る場所が決まっていて大人数での食事や宴会は申請が必要となるので、プランを立てた行動が必要です。

食事が出来るスペースと注意点

肝心の飲食できる場所と注意点としては、

  • 桜園は飲食禁止
  • 五重塔近辺・木立は飲食可能
  • 団体・大人数での飲食は事前に申請が必要
  • ゴミはすべて持ち帰り

となっています。

寺院境内であり御室桜の保護の為、桜園の御室桜の下で食事・宴会は出来ないという事になります。

カップルやファミリーなどの小人数であれば、許可は必要ないですが、大人数になる団体での食事や宴会は、事前の許可が必要となるので、問い合わせた時に細かい詳細を聞く事が確実と言えるでしょう。

桜の名所で多くの人が訪れる「お寺」という事もあるので、現実的に考えると1人で来た方、カップルやファミリーの方のお弁当を食べるのが現実的かなと個人的には思います。

もし大人数になる場合は、詳細や注意点、禁止事項など細かい部分もしっかり聞いておきましょう!

仁和寺の花見ポイント

桜まつりとライトアップは?

京都でも多くの花見スポットでライトアップされた夜桜が楽しめますが、仁和寺では桜まつりやライトアップイベントは予定されていません

ちょっぴり残念なポイントではありますが、金閣寺、竜安寺など京都市右京区の周辺の観光スポットや、夜桜の名所平野神社などと合わせて、プランを立てるのもありかと思います。

色々名所巡りできるのは京都の醍醐味でもあるので、仁和寺ではお昼の明るいうちの桜を、夜桜は他の名所で桜を楽しんじゃいましょう。

仁和寺の桜の見どころ

桜と言えばソメイヨシノが代表的な桜ではありますよね。

仁和寺の桜である御室桜は、サトザクラの一種の御室有明(おむろありあけ)になり、木の背が低く花弁が大きめのピンク色が濃い桜になります。

また、御室桜の別名である「おたふく桜」にちなんだお守り「招福 おたふく守」や桜の花の形をモチーフとした開運お守りもあるので、記念に購入するのも素敵なお土産となるでしょう。

ソメイヨシノなども植えられていますが、タイミングが合えばぜひ御室桜の花見をしたいスポットになります。

仁和寺の基本情報

【名称】

  • 仁和寺(にんなじ)

【住所】

  • 〒616-8092 京都府京都市右京区御室大内33

【拝観時間】

  • 9:00~17:00

【例年の見ごろ時期】

  • 4月中旬

【ビューポイント】

  • 中門を入って左手、観音堂南の御室桜

【注意事項】

  • 桜園での飲食禁止
  • ゴミはすべて持ち帰り
  • 大人数の食事・宴会は要問合せ
  • 世界遺産・京都市文化財指定地域の為、ごみのポイ捨て、路上駐車はしない様に。

【関連・公式サイト】

公式 仁和寺 http://www.ninnaji.or.jp/

まとめ

仁和寺のメインの桜である御室桜「御室有明」は、満開の時には目線に近い花見が楽しめます。

世界文化遺産ながら食事や宴会の出来る貴重なお寺でもあるので、ランチタイムにはお弁当を食べ、じっくりと御室桜を楽しんでみてはいかがでしょうか。

PICKUP!! >>仁和寺 周辺のホテル・旅館を探す【楽天トラベル】

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

おすすめ記事