都内で静けさのある桜を「六本木ヒルズ 毛利庭園とさくら坂」の花見

ライトアップされた毛利庭園の桜と六本木ヒルズ
photo by DSC_0544 | I’m J.C | Flickr

東京都港区に位置する六本木ヒルズは、毛利庭園の8本の古木ソメイヨシノがあり、六本木さくら坂では75本のソメイヨシノが約400メートルの桜並木が鑑賞できる花見スポットです。

六本木ヒルズ内でのショッピングや食事なども一緒に楽しめる花見スポットとなっています。

スポンサーリンク

六本木ヒルズ 毛利庭園の桜の様子

交通アクセス

 最寄り駅からアクセス

【最寄り駅】

  • 東京メトロ「六本木駅」1C出口より「徒歩」すぐ。※地下コンコース直結

六本木ヒルズは住居、ショッピング、レストランなどがある複合施設となっており、六本木駅から地下コンコースと呼ばれる連絡通路に繋がっています。

その為、地上に一度出る手間が無くそのまま地下コンコースを歩き、エントランスまでつながっているエスカレーターまでたどり着くことが出来ます。

出口が複数ありますが、1Cの出口が地下コンコースに繋がる出口なので、1Cの看板を目印に向かってくださいね。

 車で駐車場へアクセス

【駐車場】

  • 六本木ヒルズ P1
  • 六本木ヒルズ P2
  • 六本木ヒルズ P3
  • 六本木ヒルズ P5
  • 六本木ヒルズ P9A
  • 六本木ヒルズ P9B
  • 六本木ヒルズ P10
  • 六本木ヒルズ P11
  • 六本木ヒルズ P12
  • 六本木ヒルズ P
  • ※上記は時間貸しの駐車場のみ

【駐車台数】

  • P1 259台
  • P2 437台
  • P3 195台
  • P5 214台
  • P9 53台
  • P10 31台
  • P11 137台
  • P12 100台
  • P 48台

【利用時間】

  • P1 入庫可能時間7:00~21:00
  • P5 入庫可能時間7:00~21:00、金・土・祝前日は24時間
  • 他24時間
  • ※料金形態が多少異なります

六本木ヒルズへ車でアクセスする場合は、駐車スペースが点在しているので、どの場所に行くかで最寄りの駐車場が変わってきます。

また、P3は料金が違っていたり、P1、P5は入庫可能時間なども変わってくるので、注意しましょう。

桜の咲いている場所の最寄りの駐車場として、六本木さくら坂やさくら坂公園はレジデンス側のP9・P10駐車場となっており、毛利庭園はヒルサイド側の、P1・P2駐車場となります。

ただし、桜の花見だけでなく様々な目的で訪れる場所でもあるので、花見がメインなのか、観光やショッピングがメインなのか行く場所や目的の場所を決めておくと良いですね。

混雑を避けるポイント

六本木ヒルズは、電車でのアクセス面も良く、駐車場は点在して台数がありますので、駐車できない事は無いとの事ですが、桜まつり期間中は混雑が予想されます。

そして、六本木ヒルズは非常に広いので行きたい場所の近くに駐車できないと、距離を歩かなくてはいけません。

その為、目的地近くの駐車場に駐車したい場合は、周辺の駐車場も視野に入れておきたい所です。

また、車でアクセスする場合は、事前に周辺の駐車場を予約すれば確実に駐車出来るようになります。

予約さえすれば、駐車場を探すことなく車を停める事が出来て、更にリーズナブルな価格で終日駐車できることが多いので、時間を気にせず花見を楽しむことが出来ますよ♪

駐車場予約 >>六本木ヒルズ周辺の駐車場をチェックする【akippa(あきっぱ!)】

多くのイベント開催「Roppongi Hills SPRING 2017」

六本木ヒルズ春祭り2017

【お祭り名】

  • 六本木ヒルズ春祭り2017

【開催期間】

  • 2017年3月31日(金)~4月2日(日)

【例年の開催期間】

  • 4月の最初の週の金、土、日

【開催時間】

  • 金曜日 17:00~20:00
  • 土曜日・日曜日 12:00~18:00

【開催場所】

  • 六本木ヒルズアリーナ
  • 毛利庭園周辺

例年、Roppongi Hills SPRINGのイベントの一つ六本木ヒルズ春祭りは、4月の最初の週の金曜日、土曜日、日曜日の3日間限定の花見イベントが開催されます。

六本木ヒルズ春祭りでは、六本木ヒルズ内のレストランによる「春まつりグルメ屋台」が出店するほか、参加型のワークショップも予定されています。

また、和太鼓や三味線などの和楽器の演奏も予定されているので、興味がある方は生演奏を堪能して下さい。

例年の開催時間が、金曜日が17:00~20:00、土曜日・日曜日が12:00~18:00となっているので要チェックです。

個人的な目玉はやはり、レストランの本格的だけど気軽に食べられるグルメ屋台ですね!

 見どころ
  • レストランによる本格的なグルメ屋台
  • レストランのラインナップにも注目!

桜を感じる春限定メニュー

【開催期間】

  • 2017年発表待ち

【例年の開催期間】

  • 3月中旬~4月中旬

【開催場所】

  • 六本木ヒルズ

六本木ヒルズ施設内のレストランやカフェでは、桜の季節限定の料理やスイーツも味わえちゃいます!

2015年には、旬の苺たっぷりの苺尽くしメニュー、2016年は、春が旬の食材を使ったメニューや、桜スイーツが販売されました。

男性の皆様、春らしい可愛いメニューは女性にピッタリだと思いますよ!

 見どころ
  • 毎年変わる限定メニュー
  • 見た目に可愛いスイーツ♪

毛利庭園とさくら坂のライトアップ

【ライトアップ期間】

  • 2017年発表待ち

【例年のライトアップ期間】

  • 3月下旬~4月中旬
  • 桜の開花に合わせて

【ライトアップ時間】

  • 17:30~23:00(毛利庭園)
  • 17:30~22:30(六本木さくら坂)

【ライトアップの場所】

  • 毛利庭園
  • 六本木さくら坂

毛利庭園のライトアップは桜の本数が8本と少ないながらも、六本木ヒルズが建つ前よりもある古木のソメイヨシノは、日本庭園の雰囲気と合わせて幻想的な顔を見せ、デートにも素敵な夜桜となっています。

道路沿いの六本木さくら坂では、ビルの明かりと桜のライトアップが楽しめ、夜桜鑑賞が出来るレストランもあるので、デートのディナーに桜と共に食事を楽しむ事も出来ます。

六本木さくら坂では桜の木も成長して見事な桜のトンネルになっているのも注目ポイントです。

 見どころ
  • 日本庭園の自然に囲まれた毛利庭園の夜桜
  • ビルに溶け込む六本木さくら坂の夜桜

毛利庭園と六本木さくら坂の花見ポイント

毛利庭園のベンチや芝生部分では座っての桜を楽しむ方も居ますが、座っての花見と言うよりも、散策をしながらの花見となります。

都内の騒がしいイメージを忘れさせてくれる毛利庭園では、静けさのある花見が楽しめるでしょう。

また、東京ミッドタウンへの距離も約1キロメートルでたどり着く距離なので、六本木ヒルズから東京ミッドタウンへ桜の花見を楽しんだり、レストランを予約して食事をしながらの花見を楽しみましょう。

明るいうちに屋外でシートを敷いて桜を見ながら食事を楽しみたい方は、東京ミッドタウンに隣接する檜町公園(ひのきちょうこうえん)の芝生広場に向かいましょう。

東京ミッドタウンは一日楽しめる場所でもあるので、お花見以外にも楽しんで欲しいですね!

東京ミッドタウン 毛利庭園・六本木さくら坂の基本情報

【名称】

  • 東京ミッドタウン
  • 毛利庭園(もうりていえん)
  • 六本木さくら坂(ろっぽんぎさくらざか)

【住所】

  • 〒106-0032 東京都港区 六本木6丁目

【例年の見ごろ時期】

  • 3月下旬~4月上旬

【ビューポイント】

  • 毛利庭園のライトアップされた夜桜
  • 六本木さくら坂にある陸橋からの桜並木
  • 66プラザレベル、ヒルサイドエリアの階段からの毛利庭園と東京タワー

【注意事項】

  • 指定エリア以外の喫煙不可

【関連・公式サイト】

公式  六本木ヒルズ

まとめ

毛利庭園と六本木さくら坂では、留まって花見を楽しむと言うよりも、花見が観光やデートプランの一部となる花見スポットです。

六本木ヒルズ内で買い物をしたり食事を楽しんだり、目的の場所を絞って六本木ヒルズから東京ミッドタウンに向かうなど、その日のプランに合わせて花見を楽しんでみてはいかがでしょうか。

PICKUP!! >>六本木ヒルズ 周辺のホテル・旅館を探す【楽天トラベル】

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

おすすめ記事