大きな池に映る提灯に照らされた夜桜が美しい「洗足池公園」の花見

洗足池公園の洗足池と桜
photo by 洗足池公園の桜: 洗足池と花鳥風月

東京都大田区に位置する洗足池公園は、大田区内でも最大級の花見スポットで、公園内の周囲1.2kmにもなる大きな洗足池を中心とし、約250本の桜が咲き誇ります。

洗足池ではスワンボートに乗る事が出来、屋台も多く出店され、お子さん連れのファミリーにも人気の桜の名所となっています。

スポンサーリンク

洗足池公園の桜の様子

最寄り駅と駐車場

【最寄り駅】

  • 東急池上線「洗足池駅」より「徒歩」約4分

【駐車場】

  • 無し

まず駐車場は、レストラン兼ボート乗り場に「利用者の為の駐車場が数台」ありますが、公園の利用では駐車不可であり、数台という事なので実質駐車場は無いと考えてください。

公園から多少離れた周辺には、コインパーキングが点在していますが、駅からのアクセスが非常に良く、公園の北側が住宅街という事もあるので、公共交通機関の利用を推奨します。

提灯に照らされた妖艶な夜桜

【例年のライトアップ期間】

  • 3月下旬~4月上旬
  • ※開花に合わせて変動あり

【ライトアップ時間】

  • 日没より21:00

【ライトアップの場所】

  • 桜広場

ソメイヨシノの花びらは白と言っても良い色ですが、ピンク色のライトの提灯に照らされることにより、ピンク色の花びらのソメイヨシノになり、お昼とは違う妖艶な夜桜の花見を楽しむことができます。

洗足池に近い場所で、提灯に照らされた桜が水鏡となり美しいとの声もある夜桜となります。

シートを敷いての場所取り情報

シートを敷いてのランチや宴会などは可能となっていおり、シートを敷く場所としては、「洗足池東側の花見広場」になります。

以前は池の北側に桜山と呼ばれる丘があり、桜山でも宴会が可能でしたが今では桜の木の養生等の理由によりシートを敷いての宴会は不可で、純粋に桜の花見を楽しむ場所となっています。

肝心の花見広場の混み具合に関してなのですが、本格的な屋台の出店がある場所でもあるので、人気の場所となっています。大人数での花見の場合には、早朝から場所取りをする必要があるとの情報があります。

屋台の前に席が設けられていますが、数に限りがあるので、少人数での花見の場合で席を利用したい場合でもレジャーシートを用意したほうが良いかと思います。

夜桜目的の宴会の場合は、洗足池公園の近くには住宅街という事もあり、21:00に提灯が消灯されるので、宴会も21:00までにはお開きにする事を推奨します。

騒いでいる人が多くなるほど、今後宴会が出来なくなる可能性も出てくるので、長く楽しめるよう節度を守って宴会をして下さいね。

洗足池公園の基本情報

【名称】

  • 洗足池公園(せんぞくいけこうえん)

【住所】

  • 〒145-0063 東京都大田区 南千束2丁目3−6

【例年の見ごろ時期】

  • 3月下旬~4月上旬

【ビューポイント】

  • 池月橋から見る湖岸と桜 

【注意事項】

  • 火気厳禁
  • 宴会は21:00まで
  • 公園北側は住宅街の為節度ある行動を

【関連・公式サイト】

大田区 洗足池公園 http://www.city.ota.tokyo.jp/shisetsu/park/senzokuike.html

まとめ

宴会をする団体さんから、スワンボートに乗るお子様連れのファミリーやカップルまで、様々な花見客で賑わい、勝海舟夫妻の墓所があり、西郷隆盛を弔うために建てられた留魂嗣(りゅうこんろく)と言った物もあり、歴史を感じる公園でもあります。

都内の花見スポットの中でも、「平日は混雑具合も緩やか」との事なので、広い池とボートもある洗足池公園は、お子様連れのファミリーや、花見デートをゆっくり楽しむのに良い都内の花見スポットではないでしょうか。

PICKUP!! >>洗足池公園 周辺のホテル・旅館を探す【楽天トラベル】

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

おすすめ記事