広大な敷地でお子様から大人まで桜を楽しめる!「新宿御苑」の花見

新宿御苑の桜
photo by park6 | 新宿御苑 櫻花 | Eric Yang | Flickr

東京都新宿区に位置し、海外からも桜の花見に訪れる新宿御苑は、老若男女問わず幅広い年齢層に人気の花見スポットです。

桜の品種も約65種類と豊富で、3月下旬~4月上旬はソメイヨシノが見ごろを迎え、4月中旬~4月下旬の晩春には、新宿御苑の八重桜の代表であるイチヨウが見ごろを迎えます。

スポンサーリンク

新宿御苑の桜の様子

交通アクセス

 最寄り駅からアクセス

【新宿門までの最寄り駅】

  • 東京メトロ丸の内線「新宿御苑前駅」より「徒歩」で約5分
  • 東京メトロ副都心線「新宿三丁目駅」より「徒歩」で約5分
  • 都営新宿線「新宿三丁目駅」より「徒歩」で約5分

【大木土門までの最寄り駅】

  • 東京メトロ丸の内線「新宿御苑前駅」より「徒歩」で約5分

【千駄ヶ谷門までの最寄り駅】

  • JR「千駄ケ谷駅」より「徒歩」で約5分
  • 都営大江戸線「国立競技場」より「徒歩」で約5分

各門までの最寄り駅が複数ありそれぞれ徒歩5分ほどの距離でアクセスが可能です。

新宿駅からも約10分ほどで新宿門へたどり着くので、駅の選択肢は広いですね!

ただ、新宿御苑前駅の場合は、花見シーズンのピークで土曜日、日曜日となると、空いている門まで誘導されることもあります。

 車で駐車場へアクセス

【駐車場】

  • 大木戸駐車場 有料 200台

新宿御苑を利用する方の駐車場として200台の駐車スペースがある大木戸駐車場があります。

ここでは、平日の午前中なら駐車できる可能性がありとのことです。

ただし、絶対に駐車できる保証はないので、どうしても車でしか行けない場合を除き、アクセスが複数あり徒歩で約5分で新宿御苑に着く電車の利用をおすすめします。

また、車でアクセスする場合は、事前に周辺の駐車場を予約すれば確実に駐車出来るようになります。

予約さえすれば、駐車場を探すことなく車を停める事が出来て、更にリーズナブルな価格で終日駐車できることが多いので、時間を気にせず花見を楽しむことが出来ますよ♪

駐車場予約 >>新宿御苑周辺の駐車場をチェックする【akippa(あきっぱ!)】

混雑を避けるポイント

車の場合は、週末であれば大木戸駐車場に駐車する事は諦めて、周辺駐車場の利用や、事前に駐車場の予約なども活用したいですね。

駅からのアクセスは、見ごろとなった最盛期には、駅から門へ誘導されるほど混雑が予想されます。

開門する9時を目指してアクセスするのがベターな混雑回避となるでしょう。

新宿御苑の花見ポイント

桜まつりとライトアップは?

桜まつりと桜のライトアップはありません。

新宿御苑は、

  • 開園時間 9:00~16:00 閉園時間16:30

となっています。日没前には閉園するので自然と桜のライトアップは無いという事になりますね。

桜まつりやライトアップされた夜桜は見る事が出来ませんので、開園時間内でお花見を楽しみましょう。

新宿御苑ならではのポイント

桜の花見シーズンは人込みは避けられない部分はありますが、実は都内でもおすすめな花見スポットなんです。

理由としては、禁止事項が多いからこそなんですね。

代表的な禁止事項は、

  • アルコール類の持ち込み禁止
  • 飲酒禁止
  • 遊具類の使用禁止
  • ペットの持ち込み禁止
  • 要ゴミの持ち帰り(ゴミ箱は自動販売機関係のみ)
  • など

これらの禁止事項に加えて、入園する際には荷物のチェックも行われ、警備員も巡回しているので安心感の高い部分があります。

「お酒は隠して持っていこう」と思っても荷物チェックがありますし、もしうまく持ち込んだとしても、警備員に見つかれば注意が行きますし、「そこまでして規制がかかっている場所でコソコソ飲みたいのか」と個人的に思いますが、ルールは守って楽しみましょう。

宴会や酒盛りが出来ないので、飲酒を伴わない花見として、子連れのファミリーはもちろん海外から桜を見に来る方、老若男女楽しめる花見スポットなんです。

人込みでのざわざわした部分はありますが、宴会での騒ぎはないので、多くの方に人気があると言えるんですね。

規制が厳しいからこそ総理大臣主催の花見が出来るとも言えるでしょう。

参考 環境省_施設利用・入園案内

場所取りのポイントと注意点

花見を固定で楽しむための場所取りは、土日は特に入り口の入場券の販売機前が朝10時頃から混雑し、入場規制が行われる事もある激戦区と言える花見スポットでしょう。

場所取りの場所としては、桜の木が密集しているイギリス風景色庭園が広い場所でメインの場所となります。

他にも新宿御苑の敷地内は非常に広く、座れる芝生の場所も多いので桜の木の近くと言う一等地でなければ場所取り出来る可能性もあります。

  • ソメイヨシノの見ごろとなる4月上旬
  • 花見をする人数が多い
  • お昼頃から花見をする

の条件の花見であれば、開園時間の9:00から場所取りを行いたいです。

となると荷物のチェック時間を考えると開園時間よりも早く券売機の前にたどり着きたいです。開園時間の9:00を目標に朝から場所を確保して花見を楽しんじゃいましょう。

桜を見る会の日は規制あり

【過去の開催日】

開催時期目安 毎年4月上旬予定(桜の見ごろとなる時期)

  • 2013年4月20日(土)
  • 2014年4月12日(土)
  • 2015年4月18日(土)
  • 2016年4月9日(土)

毎年4月上旬になると、総理大臣が主催となって開かれる「桜を見る会」があります。

桜を見る会とは、総理大臣を初め、政財界、文化界、芸能界、スポーツ界と言った各界の多くの著名人が訪れます。

この桜を見る会の日が、何を意味するかと言うと、「より警備が厳しく、荷物のチェック待ちが時間がかかる日」なんです。

また、桜を見る会が開かれる「8:30~10:30」までは規制される為、開園と同時に花見をしたい方は、桜を見る会が開かれる当日を避けると花見の混雑を避けるポイントになります。

新宿御苑の基本情報

【名称】

  • 新宿御苑(しんじゅくぎょえん)

【住所】

  • 〒160-0014 東京都新宿区内藤町11

【例年の見ごろ時期】

  • 3月下旬~4月下旬

【ビューポイント】 

  • 桜の多い日本庭園
  • 八重桜「イチヨウ」が見られるイギリス風景式庭園

【注意事項】

  • アルコール類の持ち込み禁止
  • 飲酒禁止
  • 遊具類の使用禁止
  • ペットの持ち込み禁止
  • など

【関連・公式サイト】

公式 環境省_新宿御苑

まとめ

都内の人気花見スポットではありますが、規制が厳しく飲酒は禁止であり、警備員も見回っているので子連れや海外の方など多くの方が桜を楽しんでいます。

都内で花見をする予定の方は、キレイに整った広大な敷地で花見をしてみてはいかがでしょうか。

PICKUP!! >>新宿御苑 周辺のホテル・旅館を探す【楽天トラベル】

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

おすすめ記事