水鏡に映る約8kmの桜並木は絶景!「白石川堤の一目千本桜」花見

白石川堤の一目千本桜

宮城県の大河原町内を流れる白石川堤は、春の花見シーズンになると、大河原町から柴田町にかけての約8kmにかけ、約1,200本の桜によるトンネルを作る宮城県を代表する桜の名所です。

白石川堤沿いに咲く桜を一目で千本見られると言う表現で表され、一目千本桜と呼ばれ、明るい時間やライトアップされた桜が、水鏡に映る桜の姿により美しい花見をする事が出来ます。

スポンサーリンク

白石川堤一目千本桜の様子

最寄り駅と駐車場

【最寄り駅】

  • JR「大河原駅」より「徒歩」約3分
  • JR「船岡駅」より「徒歩」約3分

【駐車場】

  • 大河原町河川敷臨時駐車場 約500台 有料
  • 柴田町河川敷駐車場 約150台 無料

JR大河原駅からは、大河原町方面の白石川堤、さくら祭りの会場が近く、JR船岡駅からは、柴田町方面の白石川堤の桜を花見する事ができます。

駐車場は最寄りの駐車場や臨時駐車場がありますが、県内だけでなく県外からも花見客も合わせて、約30万人もの人出ですので、すぐに満車になるとの情報があります。

また、白石川堤で散策しながらの花見となるので、時間が長い事から駐車場がなかなか空かないとの事です。

どうしても車で行く場合には、周辺の駐車場だけでなく、大河原駅、船岡駅よりも隣の駅や、数駅離れた駅周辺の駐車場を利用して、電車でのアクセスなども検討しましょう。

白石川堤の桜は、約8kmという距離を、端から端へ歩きながらの花見を楽しむ強者もおられるようですが、全ての人が同じように歩けるわけではないので、いくつかポイントを抑えて選びたいところではあります。

どのアクセスにおいても花見を楽しむ為のポイントになるのが、

  • さくら祭り
  • ライトアップ
  • 絶景ポイント
  • 船岡城址公園

の4つの中でどこを重要視するかで行く方面が変わると思います。

屋形船からの桜を満喫!おおがわら桜まつり

【お祭り名】

  • おおがわら桜まつり

【例年の開催期間】

  • 4月上旬~4月中旬
  • ※見ごろに合わせて変動2週間程度

【開催場所】

  • 白石川右岸河川敷公園 大河原橋〜末広橋間

桜の開花に合わせて開催されるおおがわらの桜まつりは、屋台や物産展などの桜まつりならではの出店や、郷土芸能などのパフォーマンス、そして、河川敷ならではのイベント「お花見屋形船」が運航を予定しています。

お花見屋形船は、10:00~18:00の間に、桜まつりの会場の乗り場をスタートとして、撮影スポットでもある下流の韮神堰(にらがみせき)手前までの距離を船に揺られながら花見が出来ます。

派手な船ではありませんが、普段とは違う川からの桜並木を花見が出来るので、写真も撮りながら満喫したいイベントではないでしょうか。

そしてもう一つ、花より団子の方には、お花見弁当の販売も予定されています。周辺の飲食店から桜まつりの会場に持ち寄られての販売となりますので、本格的で豪華なお花見弁当を、河川敷で食べる事が出来ます。

数種類販売されるようですが、色々な食材の入った春らしいお花見弁当を買って、カップルやファミリーで分け合いながら食べるのも楽しいですよ♪

湖面に映る幻想的な桜のライトアップ

【例年のライトアップ期間】

  • おおがわら桜まつり期間中
  • 4月上旬~4月中旬
  • ※見ごろに合わせて変動2週間程度

【ライトアップ時間】

  • 18:00~22:00

【ライトアップの場所】

  • 白石川堤

白石川堤の桜並木のライトアップは、現像的な桜のトンネルの中を歩くのも良いですが、川沿いならではの水鏡の桜の花見の楽しめるライトアップになります。

日が落ちて暗闇の川にライトアップされた桜とその周辺が川に反射する普段とは違う夜桜となりますので、離れた場所から川に映る桜と共に写真に収めたいビューポイントでもあります。

風が無い日には特にキレイな水鏡になると思いますよ♪

ちょっと難しい場所取り

白石川堤ではシートを広げて場所取りをしての花見は可能です。

可能ではあるのですが、白石川堤では場所取りをする場所の環境が良くなく、土手の上からの特徴を上げると、

  1. 桜並木
  2. 斜面の緑地
  3. 遊歩道

となっています。

上のなかで斜面の緑地でシートを広げての場所取りをする場所となるので、比較的緩い斜面を探さなくてはいけませんね。

総合してみると、宴会をすると仮定してもレジャーシートを広げてのちょっと一杯などになるかと思います。

ちょっとした休憩をする為に、階段の段に座ったり、ゆるい斜面に座る場面も見かけるので、桜まつり会場付近は混みあう場所ではありますが、カップルやご夫婦であれば少しの休憩なら場所取りなどの心配はないですね。

白石川堤 一目千本桜のビューポイント!

約8kmに渡るの桜並木という事で、たくさんのビューポイントがあります。ここでは、船岡城址公園を除き、白石川堤からの桜に限定してまとめてみます。

【大河原町エリア】

  • 大河原橋付近
  • 金ヶ淵さくら大橋付近
  • 韮神堰(にらがみせき)
  • おおがわさくら祭り会場付近

【柴田町エリア】

  • 船岡城址公園と白石川堤を繋ぐ「しばた千桜橋」からの展望
  • 歩行者専用通路となる「さくら歩道橋」とその付近
  • さくら船岡大橋~柴田大橋の間 「さくら回廊」

※大河原町 パンフレットガイドマップより抜粋 http://www.town.ogawara.miyagi.jp/team/syoukoukankou/sightseeing/download.html

特に絶景スポットとなっている場所の特徴としては

  • 一直線になる場所
  • 川沿いを一望できる場所
  • 橋の上からの高い場所から

と特徴があります。一目千本桜と言われるように、一望できる視野の範囲で桜並木が遠くまで見える場所がビュースポットとなりますね。

散策する時は長い距離となるので、ダラダラ歩くよりも休憩しながら川の近くに降りて、花見を楽しみましょう!

白石川堤 一目千本桜の基本情報

【名称】

  • 白石川堤 一目千本桜(しらいしづつみ ひとめせんぼんざくら)

【住所】

  • 宮城県柴田郡大河原町金ケ瀬より柴田町船岡

【例年の見ごろ時期】

  • 4月上旬~4月中旬

【ビューポイント】

  • 別途上記を参照下さい

【注意事項】

  • 火気厳禁
  • ゴミ箱設置場所は要分別
  • 桜まつり会場は要ゴミの持ち帰り

【関連・公式サイト】

大河原町 http://www.town.ogawara.miyagi.jp/

まとめ

白石川堤とセットとしての桜の名所で船岡城址公園があり、以前は距離が離れていたのですが、船岡城址公園と白石川堤を繋ぐ「しばた千桜橋」が出来たことによりアクセスしやすくなったようです。

白石川堤一目千本桜と共に、船岡城址公園からの高台からの一目千本桜もビュースポットとなるので、当日は歩きやすい靴でじっくり桜の花見を満喫してみてはいかがでしょうか。

展望台からの景観は絶景!公園が桜一色になる「船岡城址公園」の花見
宮城県に位置する船岡城址公園は、桜が満開となる時期には桜のトンネルを通りながら、頂上の展望台へ向かえるスロープカーや、山頂からは白石川堤の一…

PICKUP!! >>白石川堤 周辺のホテル・旅館を探す【楽天トラベル】

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

おすすめ記事