花の写真を楽しく撮れる♪簡単に使える3つのスマホ用カメラレンズ

スマホのカメラで桜の写真を撮る女性

花見スポットに行くと必ずと言っていいほどする事が「写真を撮る」事ですよね。

今では一眼レフなどの本格的なカメラや、カメラに詳しくない方でも、スマホがあればキレイな写真を撮る事が出来るようになりました。

しかし、花見での写真を撮るシチュエーションを考えると、花を近くで撮ったり記念撮影をしたりする場面で、ちょっぴり物足りない事も出てきます。

そんな花見の写真を撮る時に便利なスマホ用のカメラレンズを3種類紹介します。

スポンサーリンク

花見のときに写真を撮るシーンは

  • 広大な一面の花を撮る
  • 近くで花を撮る
  • 花と一緒に人も撮る
  • 撮影者も一緒に撮る

と言った場面がありますよね。

こんな時にちょっと煩わしいと思うのが、「もっと広く(広角)で撮れたら」「もっと近くで撮れたら」と言った部分です。

専門的なカメラにはもちろん敵いませんが、スマホの携帯のしやすさは混雑している花見スポットで気軽に撮影できると言うメリットがありますよね。

スマホのカメラレンズは交換はできませんが、手軽さと言う強みに加えて、クリップレンズ(セルカレンズ)と言う専用のレンズを取り付ける事で、好みの写真に近づけようと言うわけなんです。

この中で一つだけ注意が必要なのが、撮影者も一緒に撮る場合のアイテム、セルフィーは、混雑する花見スポットでは禁止の場合もありますので、事前に問い合わせてチェックしておきましょう。

場面で選ぶ3つのカメラレンズ

3種類のクリップレンズ

一回りワイドに撮れる「広角レンズ」

まず一つ目のカメラレンズは、一回り大きな写真を撮る事が出来る広角レンズです。

広角レンズは、例えば、同じ位置で撮った場合でも、この広角レンズを付けることで広く取る事が出来るんです。

イメージとしてはこんな感じです。

通常の撮影イメージ

通常の撮影イメージ

広角レンズ撮影イメージ

広角レンズ撮影イメージ

※あくまでイメージになりますので、参考程度にとどめてください。

撮影できる範囲が広がったのではなく、被写体に対して一歩下がったように若干小さく映りますが、通常では移せない範囲で移せるので、アップで撮る事よりも広く一枚の写真に収めたい場合に活躍しますね。

 こんな場面で
  • 狭い通路で大きく取りたい時
  • 複数人をコンパクトに収めたい時
  • 広い花畑を少しでも一枚に収めたい時

 より近くで撮れる「マクロレンズ」

2つ目のカメラレンズは、マクロレンズです。

スマホのカメラ機能でもマクロ撮影の機能は付いていて、チューリップのマークがマクロ機能なんですが、スマホに標準搭載されているマクロ機能よりもより近づいて写真を撮る事が出来ます。

マクロレンズ撮影のイメージ

一面に咲く花を撮るのも壮大でキレイですが、桜の花びらなど小さな花などをマクロ撮影すると、一気に本格的な撮影にもなります。

簡単に言うと「すごいアップで撮影する」と言うレンズですね。

 こんな場面で
  • スマホのマクロ機能では足りない方
  • マクロ機能をよく使う時に
  • 花を良く撮影する方

水玉の様に面白い写真になる「魚眼レンズ」

3つ目のカメラレンズは、魚眼レンズと言うちょっと変わったレンズです。

魚眼レンズはフィッシュアイレンズとも呼ばれ、広い範囲を湾曲したように撮れるレンズになります。魚眼レンズには2つの種類があるのですが、スマホ用の魚眼レンズは円形に映るタイプになります。

魚眼レンズ撮影のイメージ

魚眼レンズだけをメインに使う事はありませんが、場所によっては不思議な写真になったり、角度を変えるだけで雰囲気の違う写真が撮れます。

撮りだめしている方にとっては、面白い写真が撮れるでしょう。

 こんな場面で
  • 変わった写真が撮りたい
  • 広い風景を一枚にまとめたい

まとめ

一眼レフにはかなう事は無いと思っていますが、一眼レフで今回の様なレンズを購入するとなると、結構なお値段になるので、気軽に楽しめるのがスマホ用のレンズクリップですね。

スマホで写真を良く撮る方、特に花見スポットと言う混雑するスポットでは、手軽に使えるカメラレンズを活用して、より手軽により本格的な撮影をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

おすすめ記事