約4,000本の桜がライトアップ!日本三大夜桜「高田公園」の花見

高田公園の夜桜

新潟県上越市に位置する高田公園は、新潟県だけでなく日本三大夜桜の一つとして有名な花見スポットで、約4,000本にもなる桜と高田城三重櫓のライトアップは訪れる花見客を幻想的な雰囲気で出迎えてくれます。

なんといっても見どころは「夜桜」で、シーズン中には3,000個以上ものぼんぼりに照らされる桜と、高田城三重櫓、お堀の池に照らされた桜は、何とも言えない美しさです。

露店も約300店舗と多く出店されるので、身も心も満たされると言ってよい夜桜の花見スポットです。

スポンサーリンク

高田公園の桜の様子

最寄り駅と駐車場

【最寄り駅】

  • JR「高田駅」より「徒歩」約15分

【駐車場】

  • 臨時駐車場 複数あり
  • ※臨時駐車場の場所によって台数は変動

電車でのアクセスでは、高田駅より徒歩で約2kmほどの距離があるので、シーズン中のシャトルバスを利用して高田公園に向かいましょう。

車でのアクセスは、高田公園内の駐車場の利用は不可となり臨時駐車場として第11駐車場程度まであります。開いている期間が、

  • 全ての日
  • 土曜日、日曜日のみ
  • 日曜日のみ
  • 桜の最盛期
  • 桜の最盛期の土日のみ
  • シャトルバスなし

と言ったように駐車場の利用できる期間などが違います。

注意点として、駐車場から高田公園まで多少距離があり、約10分~約30分程度かかるので、歩くこととなってしまいます。

歩かないようにするには、臨時駐車場と高田公園をつなぐ「有料シャトルバス」の運行があるので、多少歩くならOKだよっていう方以外の人は、シャトルバスを利用して高田公園へ向かいましょう。

有料の駐車場は第1駐車場~第3駐車場となっており、他は無料ですが、例年の来場数が100万人を超える桜の名所なので、数千台ほどの臨時駐車場も混雑するとの公式発表があります。

周辺道路の混雑、マイカーでの交通規制区域、臨時駐車場の混雑を考慮すると、車でのアクセスだけでなく、電車などの公共交通機関の利用も視野に入れましょう。

90回を迎えた「高田城百万人観桜会」

【お祭り名】

  • 高田城百万人観桜会(たかだじょうひゃくまんにんかんおうかい)

【例年の開催期間】

  • 4月上旬~4月下旬 約2週間ほど

【開催場所】

  • 高田公園

2015年には、90回を迎えた高田城百万人観桜会は、初日となるオープニングイベントの三重櫓南側での花火の打ち上げ、ライトアップの点灯式や観桜会オリジナルのイルミネーション、さくらステージでの催し物などを予定しています。

やはり三大夜桜の名所という事もありメインはライトアップとなりますが、もう一つのメインともいえるのが、皆さん大好き屋台の出店です。

西堀を中心に、その数約300店舗もの屋台の出店があり、その様子はまさに屋台街と言え、大人から子供まで色々楽しめます。

日本三大夜桜のライトアップ

【例年のライトアップ期間】

  • 4月上旬~4月下旬
  • ※「高田城百万人観桜会」期間中

【ぼんぼり、さくらロードライトアップ時間】

  • 日没~22:00

【高田城三重櫓ライトアップ】

  • 18:00~22:00

【ライトアップの場所】

  • 高田公園全域
  • 高田城三重櫓(たかだじょうさんじゅうやぐら)

高田公園に花見に行くなら見るべきメインイベントのライトアップは、ぼんぼりによるライトアップがメインとなり、その数3,000個以上のぼんぼりが点灯されるとの事です。

特にライトアップされた夜桜の外せない見どころとなるのが、

  • お堀の水面に映る桜と高田城「高田城三重櫓(たかだじょうさんじゅうやぐら)」
  • 覆い尽くすほどの桜のトンネル「さくらロード」
  • さくらロード近くの「しだれ桜」
  • ライトアップされた「西堀橋」
  • 西堀橋からの「桜並木」
  • 高田城三重櫓北西側のお堀で「手こぎボート」

と夜桜の見どころであり撮影スポットが点在しており、よく見かける写真などは、高田城三重櫓からの桜と高田城そしてお堀に映る桜となります。

カップルのお二人には、混みあう場所からひと時離れられる、お堀での手漕ぎボートに乗り、夜桜の鑑賞をするのもまた違った花見となりますね。

メインがぼんぼりでのライトアップとなるので、LEDのライトアップよりもはっきりした夜桜ではありませんが、約3,000本のぼんぼりで照らされる約4,000本のソメイヨシノは、圧巻な夜桜であり、幻想的な花見ができるでしょう。

桜の多さもありお昼も名所と言えますが、高田公園で花見を予定している方は、ライトアップされた日本三大夜桜の花見をしてほしいと思います。

夜桜の名所での場所取り

夜桜の三大名所で100万人以上の人出となる高田公園でも場所取りをしての食事・宴会が可能となっています。

メインの場所取り場所としては、

  • 小林古径邸(こばやしこけいてい)「北側の芝生広場」
  • さくらステージ前・さくらロード「東側の広場」

となります。

肝心の込み具合なのですが、朝から場所取りが行われ、強者となると6時台の早朝から場所取りをしているとの情報があります。

まとまった人数で桜の木の下の一等地となると早朝からの場所取りが確実性があがると思いますが、カップルやファミリーでの少人数や、場所にこだわらなければ広い芝生広場でシートを広げる事も可能の様です。

ライトアップされた夜桜を目的とする場合は、忍耐力だけでなく、暖かい格好が出来るように羽織るものを持っていくのと、出来れば複数人で場所取りをする事を推奨します。

とはいえ場所取りが全てではなく、夜桜の名所でもあるので、少人数の方は日本三大夜桜を堪能する事もおすすめしますよ♪

高田公園の基本情報

【名称】

  • 高田公園

【住所】

  • 〒943-0835 新潟県上越市本城町

【例年の見ごろ時期】

  • 4月上旬~4月中旬

【ビューポイント】

  • 高田城三重櫓(たかだじょうさんじゅうやぐら)」
  • さくらロード
  • 西堀橋
  • ほか

【注意事項】

  • 火気厳禁
  • 発電機の使用厳禁
  • 要ゴミの持ち帰り

【関連・公式サイト】

上越観光ネット http://www.joetsu-kanko.net/

まとめ

北陸新幹線が開通し、最寄りの駅となる上越妙高駅も開かれたことから、開通前よりも人出が増え混みあうものの、遠方の方でも泊りがけで花見をしに来やすくなったと言えます。

日本三大夜桜の名所、高田公園で約4,000本ものライトアップされた壮大な夜桜の花見を堪能しに足を運んでみてはいかがでしょうか。

PICKUP!! >>高田公園 周辺のホテル・旅館を探す【楽天トラベル】

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

おすすめ記事