ピンクに染まる八重桜のトンネルが見事!「天平の丘公園」の花見

天平の丘公園の桜
photo by 毎日お疲れ05 | ameblo

栃木県の下野市に位置する天平の丘公園の桜は、八重桜が約450本、他合わせて約600本の桜が咲き、長い期間の間桜の花見を楽しめる桜の名所となっています。

八重桜が中心という事もあり八重桜で有名な公園ではありますが、日本三大桜である、「根尾谷淡墨桜」「三春の滝桜」「山高神代桜」の子孫となる桜の樹が植えられているので、八重桜と共の色々な桜を花見できるのも楽しみな花見スポットですね。

スポンサーリンク

天平の丘公園の桜の様子

最寄り駅と駐車場

【最寄り駅】

  • JR「小金井駅」より「車」で約10分

【駐車場】

  • 西駐車場・南駐車場 合計約1,350台 
  • ※花まつり期間中は有料

駅からも距離が4kmほどあるので、徒歩だとなかなか大変な距離ではあるので、駅から車でのアクセスなども考えたいところです。

敷地内の駐車場として、西と南に駐車場があり、約1,350台駐車可能とのことです。花見スポットとしてはまとまった駐車台数のある駐車場かと思います。

平日でも満車、午前10時ごろには空きがあっても、お昼頃には満車で渋滞すると言う情報があり、天気が良く八重桜が満開で、花まつり開催期間中には午前中でも近くの駐車場は満車になる事もあるようです。

満開の時にマイカーでアクセスする場合には、朝から天平丘公園へ向かうほうが良いでしょう。

ひとつ注意点として、花祭り期間中は一部通行止め区域があるので、車でのアクセスが心配な方は、タクシーでのアクセスも手ではあります。

花祭り期間中のタクシーは、「小金井駅西口」から「花祭り会場(天平の丘公園)」までの区間を定額で運行してくれるので、駅からタクシーを利用してアクセスする方法もあります。

一ヵ月以上開催!天平の花まつり

【お祭り名】

  • 天平の花まつり

【例年の開催期間】

  • 3月下旬~5月上旬

【開催場所】

  • 天平の丘公園 花広場

花まつり期間中には、花広場にて市内の商店による出店や、屋外のステージのコンサートや催し物、野点など約1ヶ月の間日別に多彩なイベントが行われます。

注目なのが花広場にて「商店街のお店が屋台を出している」という事なんです!

屋台の料理がおいしいとの評判もあり、天平の花まつり期間中に行った方の中には、並びが出来るほど人気のジャガバターを毎回購入すると言うリピーターも居ます。

店舗数は20店舗程度の様ですが、一般的なお祭りの屋台とは違うのか食べる楽しみもあるのは花見の醍醐味とも言えますね♪

ライトアップ

【例年のライトアップ期間】

  • 3月下旬~4月上旬

【ライトアップ時間】

  • 18:00~20:30

【ライトアップの場所】

  • 花広場
  • 淡墨街道
  • 民族資料館「夜明け前」周辺

桜のライトアップと共に約1,500個のボンボリの点灯も行われます。ライトアップの時間も短めとなっているので、日が沈む前に来ても良いかもしれませんね。

開花時期が違うのでライトアップした桜をすべて鑑賞は出来ませんが、メインの八重桜を初めとして、日本三大桜の子孫である淡墨桜など見どころが多いので、花見に行ける季節によって夜桜を満喫しましょう!

天平の丘公園の場所取り

天平の丘公園では、シートを敷いての場所取りが可能で、多くの花見客が宴会やランチを楽しんでいます。

場所取りの場所としては、各地に点在する芝生の上となり、花まつりの中心と言える花広場付近は混雑が予想されます。

ただし、シートを広げる芝生の広場も多くあるので、足の踏み場もない程とはならないようです。早朝からの場所取りをするのは余程大人数の場合になるかと予想します。

天平の丘公園の基本情報

【名称】

  • 天平の丘公園(てんぴょうのおかこうえん)

【住所】

  • 栃木県下野市国分寺993−1

【例年の見ごろ時期】

  • 3月下旬~4月下旬

【ビューポイント】

  • 淡墨街道の淡墨桜
  • 八重桜のトンネル

【注意事項】

  • 火気厳禁

【関連・公式サイト】

下野市観光協会 http://www.shimotsuke-ta.com/

まとめ

桜の開花時期、見ごろとなる時期は違いますが、一つの一つの花が密集して咲く八重桜、日本三大桜の子孫の桜、などの桜の花見を満喫するだけでなく、人気のジャガバターを初め、商店の人が出店する屋台で、お手頃価格で美味しくお腹も満たしてくれる花見スポットです。

八重桜が有名な天平の丘公園で、青空の下ゆっくりと食事やお酒、花見を楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

おすすめ記事