10,000株の紫陽花が境内を彩る奈良のあじさい寺「矢田寺」

矢田寺のあじさい

奈良県大和郡に位置する矢田寺は、関西の有名なあじさい寺の一つで、昭和40年頃から植えられたあじさいが、今では約60種類、約10,000株のあじさいが境内を彩ります。

あじさいの開花は5月の中旬のツルアジサイに始まり、6月から7月の最盛期のシーズンを迎え、9月の上旬まであじさいが咲きます。

スポンサーリンク

矢田寺のあじさいの様子

最寄り駅と駐車場

【最寄り駅】

  • 近鉄橿原線「近鉄郡山駅」より「奈良交通バス」矢田寺前行きで約20分「矢田寺前バス停」下車、徒歩5分

【駐車場】

  • 境内南駐車場 無料 60台
  • 民間駐車場あり

最寄駅からのアクセスは、近鉄郡山駅の他、大和小泉駅からのアクセスも距離的には大きく変わりませんが、あじさいのシーズンには奈良交通により「春の臨時バス」が運行予定となっているので、臨時バスの発着駅を利用すると言う手も選択肢として上がります。

臨時バスは、

  • 近鉄橿原線「近鉄郡山駅」
  • JR大和路線「法隆寺駅」

の2つの駅から運行されますが、運行本数が少ないので「時刻表」だけは要チェックして下さいね。

 参考  奈良交通バス http://www.narakotsu.co.jp/rosen/rinji/2016spring_yatadera.html

車でのアクセスは、境内の南口側の駐車場が50台分ありますが、混雑が予想されることからまず駐車できないと思ったほうが良いでしょう。

矢田寺の表参道には、民間の駐車場が数か所開設されており、距離が離れていると安くなったり、混雑すると料金が変動するなどありますが、金額的には100円~500円程度の駐車料金の様です。

混雑具合としては、あじさいのシーズン中で土曜日日曜日の週末は特に混雑し、矢田寺に近い程混雑し駐車場待ちも発生するとの情報がありますので、歩くのが嫌でなければ離れた場所に駐車すると言う手もあります。

距離としては、バス停の発着場が目安となるでしょう。

矢田寺のあじさいの見どころ!

  • 見本園
  • あじさい園

の2点で楽しむことが出来ます。見本園では園内に咲くネームプレート付きであじさいが見られ、幻のあじさいと言われる七段花や八重咲きのあじさい、白いアナベルと言うあじさいなどお気に入りを見つけましょう。

そして、あじさい庭園では遊歩道沿いにあじさいが一面に咲く庭園になっています。

60種類と種類が多いので、ざーっと見てしまうと色合いだけが目に入ってしまいますが、お気に入りを名前入りで撮影して、あじさい庭園で見つけたりするのも楽しみの一つとなりますよ♪

矢田寺の基本情報

【名称】

  • 矢田寺大門坊(やたでらだいもんぼう)

【住所】

  • 〒639-1058 奈良県大和郡山市矢田町3549

【開園時間】

  • 8:30~17:00

【例年の見ごろ時期】

  •  6月上旬~7月上旬

【ビューポイント】

  • ネームの分かる見本園と一面に咲くあじさい庭園

【注意事項】

  • 混雑する場所の三脚・一脚を使用しての撮影禁止
  • ドローン等の飛行禁止
  • 境内地内での食事は禁止
  • ※マナーの悪さで定められた注意事項です。節度をもってあじさい鑑賞して下さいませ。

【関連・公式サイト】

矢田寺 http://www.yatadera.or.jp/

まとめ

矢田寺のあじさいは、新聞社の関西のあじさいの名所アンケートで訪れたいあじさいの名所で一位を取った事もあるほどの関西でも屈指のあじさい寺です。

あじさいが好きな方はもちろん奈良県に観光に行く際には、矢田寺のあじさいを見に足を運んでみてはいかがでしょうか。

PICKUP!! >>矢田寺 周辺のホテル・旅館を探す【楽天トラベル】

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

おすすめ記事