4つのエリアに約3万本の桜が次々と咲く「吉野山」の花見

吉野山の桜
photo by 吉野山の絶景|ZEKKEI Japan

奈良県吉野郡に位置する吉野山は、シロヤマザクラを中心に約200種3万本の桜が咲く、奈良県だけでなく日本を代表する桜の花見スポットです。

山のふもとより下千本から中千本、上千本そして奥千本まで順に開花していき、桜のシーズン中には、一日平均すると約2万人が訪れると言われています。

一目に千本見えると言う豪華さと言う意味で「一目千本」とも呼ばれています。

スポンサーリンク

吉野山の桜の様子

交通アクセス

 最寄り駅からアクセス

【最寄り駅】

  • 近鉄吉野線「吉野駅」より「吉野山ロープウェイ」約3分「吉野山駅」下車、下千本すぐ

最寄駅の吉野駅は近鉄吉野線の終着駅となっています。

東京方面からも関西方面からも、近鉄南大阪線「大阪阿部野橋駅(おおさかあべのばしえき)」や、近鉄吉野線「橿原神宮前(かしはらじんぐうまええき」から吉野方面に向かう電車の利用になります。

 車で駐車場へアクセス

【駐車場】

  • 吉野山観光駐車場
  • 如意輪寺駐車場

【駐車台数】

  • 吉野山観光駐車場 約400台
  • 如意輪寺駐車場 約200台
  • ※花見シーズン中は民間駐車場あり
  • ※吉野山観光駐車場は、4月の1週目、2週目の土曜日、日曜日は観光バス専用になります

吉野山の花見シーズン委は、一日2万人の花見観光客が訪れると言われ、ツアーのバスなども来ることが予想されることから、車でのアクセスは非常に混雑が予想されます。

花見シーズン中は臨時駐車場からのシャトルバスも運行されますが、花見シーズン中は道路の規制も多くなります

シャトルバスの運行日や渋滞混雑している日は交通規制や通行禁止区間があり、場所によっては一方通行区間や右折禁止の道路もあるほど規制されるんですね。

花見シーズン中には民間の駐車場が臨時駐車場として開放され、シャトルバスも運行されるのですが、中止になる事もあるので要チェックが必要です。

公式 駐車場のご案内|吉野山観光協会

混雑を避けるポイント

車でのアクセスでは、周辺の交通規制があるのでどうしても混雑覚悟で向かう事になります。

車で行こうかと思っていた方は、少しでもスムーズに迎えるように、規制のチェックと臨時駐車場が開かれているかのチェックをしておきましょう。

電車でのアクセスの場合は、吉野駅からロープウェイの利用者が多く、最大2時間待ちにもなります!

足腰に自信があれば無理にロープウェイに乗らないで徒歩で散策したり、ツアーを利用すると言う手もあります。

日帰りのツアーでは、ロープウェイの待ち時間が無く優先的に乗れるので、利用できるの方は混雑回避の選択肢となりますね!

参考 吉野大峯ケーブル自動車株式会社

吉野山の桜まつり

【お祭り名】

  • 桜まつり

【開催期間】

  • 2017年発表待ち

【例年の開催期間】

  • 4月上旬~4月下旬(開花時期に合わせて)

【開催場所】

  • 吉野山全域

桜まつりでは桜のライトアップを中心に様々なイベントが開催されます。

イベントの内容は桜まつり期間中に、御田植祭と呼ばれる舞の奉納や、お釈迦様のお誕生をお祝いする行事などが開催される予定となっています。

純粋に桜を楽しむとなるとライトアップがメインとなるでしょう。

吉野山を彩る「夜桜ライトアップ」

【例年のライトアップ期間】

  • 桜まつり開催期間中

【ライトアップ時間】

  • 18:00~22:00

【ライトアップの場所目安】

  • 下千本「七曲り坂」
  • 中千本「ごろべえ茶屋」
  • 上千本~奥千本「花矢倉展望台」

ライトアップされる場所は、吉野山すべての桜ではなく吉野山の一部となります。広いのでスポットを絞っているのかと思います。

問題なのが場所の分かりずらさなのですが、公式サイトよりも「花山山本」さんと言うお土産・食事処さんのホームページにある地図が分かりやすかったので紹介しておきます。

参考 花山 山本 吉野山特集ページ

観光する方も多いと思いますのでライトアップされている場所は分かるかとは思いますが、目安となる場所が分かれば足を運びやすいかと思います。

吉野山の花見ポイント

吉野山は公園など違って、簡単にすべてを回れるとは言えないほど広い花見スポットです。

下千本(しもせんぼん)の山の麓から開花し初め、順に中千本(なかせんぼん)、上千本(かみせんぼん)そして奥千本(おくせんぼん)へと長く桜が楽しめる花見スポットです。

4つのエリアで桜の見ごろの時期が違うので、

  • エリアを絞る
  • 見ごろのエリアに向かう
  • 数時間でもかけて全てを回る
  • 世界文化遺産を巡る
  • ビュースポットを巡る
  • 吉野の名桜を巡る

など、プランをある程度絞る必要があります。

桜の花見なので、ビュースポットを中心に廻ったり、夜桜であればライトアップされた場所を散策して、まだ元気な状態で食事やお土産屋さんを巡ったりしても良いかと思います。

じっくり山歩きして散策する場合には、歩きやすい靴は履いて、山の天候が変わりやすいので当日の天気のチェック、寒くならない防寒対策も必要で、徒歩で多くの場所を回ろうとすると数時間かかる事も予想されるので注意しましょう。

また、各箇所を巡る時にはロープウェイやケーブルバスなどを利用する事で、

  • 吉野山のエリアをロープウェイで下千本へ
  • 吉野山各所から奥千本行きのバスで
  • ケーブルバスで上千本、奥千本へ

と言うように、山道を歩かなくてもたどり着くことが出来ます。

山道を歩く自信のない方は、ロープウェイやケーブルバスなどの利用が便利ですね。

公式 吉野大峯ケーブル自動車株式会社

吉野山の基本情報

【名称】

  • 吉野山の桜(よしのやまのさくら)

【住所】

  • 奈良県 吉野郡吉野町吉野山

【例年の見ごろ時期】

  • 下千本エリア 4月上旬 ~ 4月中旬
  • 中千本エリア 4月上旬 ~ 4月中旬
  • 上千本エリア 4月中旬 ~ 4月下旬
  • 奥千本エリア 4月中旬 ~ 4月下旬

【ビューポイント】

  • 下千本エリア 七曲坂(ななまがりさか)
  • 中千本エリア 吉水神社(よしみずじんじゃ)
  • 上千本エリア 花矢倉展望台(はなやぐらてんぼうだい)
  • 奥千本エリア 西行庵(さいぎょうあん) 

【関連・公式サイト】

公式 吉野山観光協会
公式 観桜期情報(お花見情報) | 吉野町公式ホームページ

※吉野山観光協会のホームページは、自動で音楽が流れます。

まとめ

吉野山の桜は見た人が絶景と言うほどキレイな桜が咲く花見スポットです。

吉野山全体が一気に見ごろを迎える訳ではなく、約一ヶ月に渡り見ごろが続くので、時間が取れる方はじっくり花見を楽しんでもらいたい桜の名所です。

満開の時期には混雑は避けられませんが、吉野山が桜に染まる絶景が広がる事でしょう。

PICKUP!! >>吉野山 周辺のホテル・旅館を探す【楽天トラベル】

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

おすすめ記事