都内の公園で一番の広い青空の下で桜を楽しむ「都立代々木公園」の花見

代々木公園の桜

東京都渋谷区に位置する都立代々木公園は、代表的な桜の染井吉野(ソメイヨシノ)の他にも、ピンク色の花びらがキレイな山桜(ヤマザクラ)など、約600本の桜が咲きます。

天気の良い日には都内でも一番と言われる大きな青空が広がり、バードウォッチングも楽しめる自然豊かな公園でもあります。

スポンサーリンク

都立代々木公園の桜の様子

交通アクセス

 最寄り駅からアクセス

【最寄り駅】

  • JR「原宿駅」より「徒歩」で「明治神宮側入口広場」まで約220m・約3分
  • 東京メトロ千代田線「代々木公園駅」4番出口「公園口」より「徒歩」で「西門」まで約200m・約3分

駅構内を含めなければ、原宿駅からは中央広場まで1.2kmほどで、代々木公園駅からは中央広場まで600mほどとなっています。

中央広場までの距離であれば代々木公園駅の方が近いですね。

電車の本数や乗り換えを考えると、利用者は多いですが大きな駅もある山手線の原宿駅が便利かと思います。

 車で駐車場へアクセス

【駐車場の場所】

  • 代々木公園駐車場 有料
  • 臨時駐車場あり

【駐車台数】

  • 146台

【駐車が出来る時間】

  • 24時間営業

都立代々木公園駐車場では、まとまった台数の駐車が出来ますが、花見シーズンの駐車場の利用は、都内という事もあり混雑が予想されます。

理由がない限りは電車でのアクセスが非常に良いため、公共交通機関の利用がオススメですが、車でアクセスする場合は、周辺の有料駐車場の利用もチェックしつつ、公共交通機関の利用も視野に入れましょう。

混雑を避けるポイント

都内の花見スポットの中では比較的空いているとのことです。

混雑を避けるとすれば、電車のアクセスなら原宿駅の利用者が多く、明治神宮側入口広場に向かう花見客が多くなります

車だと平日なら駐車出来ても土曜日、日曜日、祝日には駐車場も混雑して止められなくなる可能性もあるので、確実に場所取りをするのであれば早めにアクセスする事が必要となるでしょう。

また、車でアクセスする場合は、事前に周辺の駐車場を予約すれば確実に駐車出来るようになります。
予約さえすれば、駐車場を探すことなく車を停める事が出来て、更にリーズナブルな価格で終日駐車できることが多いので、時間を気にせず花見を楽しむことが出来ますよ♪

駐車場予約 >>代々木公園周辺の駐車場をチェックする【akippa(あきっぱ!)】

代々木公園の花見ポイント

週末に利用したい!ケータリングサービス

代々木公園では、桜まつりやライトアップのイベントはありません。

ライトアップと言う専門的に夜桜を楽しめる花見スポットではありませんが、街灯によりぼんやりと光る夜桜は見る事が可能です。

またお祭りありませんが、お花見シーズン中にはケータリングサービスがあります。

  • 屋台の出店
  • ケータリングカーが毎日営業
  • お花見期間中の一週間程度は「桜の園」付近で営業
  • 土曜日・日曜日・祝日限定で噴水広場にて営業

ケータリングとは、デリバリーのちょっと料理が専門的なサービスとでもいいましょうか。

オードブルと呼ばれる盛り合わせや、サラダ、デザートと言った宴会をラクにする料理が用意されており事前に予約をすれば、当日受け取る事が可能です。

幹事の皆さま、ケータリングやデリバリーを利用するのは宴会をラクにする一つの手ですよ♪

PICKUP!! >>代々木公園にうまい!をお届け【楽天デリバリー】

場所取りのポイントと注意点

代々木公園での宴会は許可されていて、中央広場の芝生が場所取りのメイン場所となります。

都内という事もあり人気の花見スポットではありますが、比較的花見の場所は取れるとの事ではあります。

ですが、場所取りをする為の混雑を避けるポイントがあります。

  1. 「原宿方面」からの「代々木公園の原宿門」へ花見をする人が多く訪れる
  2. 原宿、明治神宮前の駅方面からのアクセスは混雑が予想される
  3. 電車でのアクセスは東京メトロ「代々木公園駅」から「西門」へアクセスする

が混雑を避けるポイントになります。

利用しやすい原宿駅からのアクセスは混雑するので、西門から中央広場へ向かうのが少しでも混雑を避けるポイントになるでしょう。

場所取りの注意点

  1. 前日からの場所取りは禁止
  2. ロープでの場所取り禁止
  3. シートだけでの場所取り禁止

となっています。

当日にシートを敷いたら誰かしら場所取り場所に居なくてはいけないので、最低でも2人で場所取りしたいですね。

トイレについての注意点

トイレに関しては、混んでいると1時間待ちもあるとのことです。

駅からの中央広場へ行く時間が徒歩で約15分程度と考えると、トイレを利用するのに最悪代々木公園駅のトイレを借りる事も視野に入れましょう。

また、近くを買い物ついでにトイレを借りたり、明治神宮まで行きトイレの後に参拝をしたりして、代々木公園内だけでどうにかしようと考えない様にしましょう。

参考 代々木公園のおすすめ花見スポット&トイレマップ 

都立代々木公園の基本情報

【名称】

  • 都立代々木公園(とりつよよぎこうえん)

【住所】

  • 〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町2-1

【例年の見ごろ時期】

  • 3月下旬 ~ 4月上旬

【ビューポイント】

  • 渋谷門近くの「桜の園」
  • 代々木公園真ん中の噴水と桜

【注意事項】

  • ロープでの場所取り禁止
  • 前日からの場所取りは禁止
  • シートだけでの場所取り
  • 発電機など機材の持ち込み禁止
  • 火気厳禁

【関連・公式サイト】

参考 公園へ行こう!代々木公園

まとめ

都内という事もあり混雑は避けられない花見スポットではありますが、場所取りの禁止事項も多いので上野公園ほどの激戦区と言われるほどではないようです。

都内の公園の中でも一番と言われる、中央広場での広い空と花見を楽しみながら、計画的に宴会や食事を楽しんじゃいましょう!

PICKUP!! >>代々木公園 周辺のホテル・旅館を探す【楽天トラベル】

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

おすすめ記事