約130種類の桜の品種が桜並木を作る「造幣局桜の通り抜け」の花見

造幣局桜の通り抜けの品種の一つ「幸福」

大阪府だけでなく全国的にも有名な「造幣局桜の通り抜け」とは、硬貨などを製造する造幣局の構内に咲く桜並木を限定で一般公開している花見スポットです。

造幣局構内の約560メートルの並木道には、約130種類の桜の品種があり、他ではなかなか見ることができない珍しい品種の桜を花見する事が出来ます。

1種類の本数は少ないモノの、一ヶ所の花見スポットで100種類以上の桜の品種を桜の展覧会の様に見られるのは、造幣局だけでしか見られないとのことです。

スポンサーリンク

造幣局桜の通り抜けの様子

交通アクセス

 最寄り駅からアクセス

【最寄り駅】

  • 地下鉄「天満橋駅」より「徒歩」約7分
  • JR東西線「大阪城北詰駅」(3号出口)より「徒歩」約7分

最寄駅からはそれぞれ造幣局通り抜け入り口辺りまで約600mほどの距離となっています。

どちらも橋を渡りますが、徒歩専用の道がありますので歩きやすい道となっています。

造幣局桜の通り抜けは一方通行なので、入り口である天満橋側の南門へ向かってくださいね。

 車で駐車場へアクセス

【駐車場】

  • 無し

造幣局には普段は花見スポットではなく、普段は硬貨などを製造する工場の為、一般の方が停められる駐車場はありません

また周辺駐車場も無い事や、造幣局周辺において交通規制も行われるので、最寄りの場所で車での送り迎えもなかなか難しいでしょう。

電車の場合でも最寄りの駅から、1km前後の距離がありますが、電車でのアクセスが一般的なアクセス方法となるでしょう。

混雑を避けるポイント

造幣局桜の通り抜けでは一般の方が駐車できる駐車場がないので、周辺の駐車場の利用が必須となります。

まず、造幣局周辺では交通規制が行われます

規制内容は、車両通行禁止、車線規制、駐停車禁止で時間帯が決められていますので、しっかりチェックしておきましょう。

そして橋が近くにある事もポイントです。橋は交通量が増える場所になるので、渋滞になりやすい場所でもあります。

なので、橋を渡らないルートの駐車場に駐車したり、入出庫がしやすい左折で駐車出来る駐車場をチェックしておいたほうが良いでしょう。

また、車でアクセスする場合は、事前に周辺の駐車場を予約すれば確実に駐車出来るようになります。

予約さえすれば、駐車場を探すことなく車を停める事が出来て、更にリーズナブルな価格で終日駐車できることが多いので、時間を気にせず花見を楽しむことが出来ますよ♪

駐車場予約 >>造幣局桜の通り抜け周辺の駐車場をチェックする【akippa(あきっぱ!)】

期間限定!「造幣局桜の通り抜け」

【開催期間】

  • 2017年4月11日(土)~4月17日(日)

【例年の開催期間】

  • 4月中旬頃の一週間

【開催時間】

  • 平日 10:00~21:00
  • 土曜日・日曜日 9:00~21:00

【入り口と出口】

  • 天満橋側・南門が入口
  • 桜宮橋側・北門が出口
  • ※入口より出口までは一方通行となる

【注意点】

  • 飲食不可
  • 全域で禁煙
  • ペット同伴不可
  • 規制区域への立ち入り禁止

まず、造幣局桜の通り抜けは名前の由来とも言える、入り口と出口が決まっていて一歩通行な事には注意しましょう。

間違えて北門の出口に行ってしまうと、通り抜けできないので、一歩通行で入り口は天満橋側の南門と覚えておいてくださいね。

また、飲食は不可となっているので桜を鑑賞するまさに花見をする為のスポットと言えます。

昼と違う顔を見せる「桜のライトアップ」

【例年のライトアップ期間】

  • 4月中旬の約一週間

【ライトアップ時間】

  • 日没から21:00まで

【ライトアップの場所】

  • 桜の通り抜け一体

花見でもう一つの楽しみである「夜桜」も造営局桜の通り抜けで、ぼんぼりによるライトアップが行われます。

ぼんぼりの優しいライトアップでお昼の明るい時間とは一味違った、夜の桜を楽しめます。

お昼と夜を一日に花見できるのが理想ではありますが、解放されている一週間の内にお昼と夜を別々の日に行ければよりじっくりと見られるでしょう。

さくら祭りイベントは予定されていません。

造幣局桜の通り抜けの花見ポイント

  • 約130種類の桜の品種
  • 100種類以上の桜を一ヶ所で見られるのは造幣局だけ
  • 珍しい品種もあり

と言う、多くの桜の品種が楽しめる事がポイントとなります。多くの種類はサトザクラの一種ですが、個性的な桜も多くあります。

一部個人的に気になる桜を抜粋すると、

  • 造幣局の桜の管理指導をしたと言われる笹部新太郎が手がけた「笹部桜(ささべざくら)」
  • 薄紅色で多くの花が枝の先に密集して咲くので離れた場所から見ると毬の様に丸く見える、「大手毬(オオデマリ)」「紅手毬(べにてまり)」
  • 種本数が多く濃い紅色をした里桜(サトザクラ)群の園芸品、「関山(かんざん)」
  • 黄緑色の桜で花弁部分が紅色の線が現れる「御衣黄(ギョイコウ)」
  • 紅色花びらが咲く枝垂桜「八重紅枝垂(やえべにしだれ)」
  • 黄緑色の珍しい花びらの「鬱金(ウコン)」
  • 名前からも幸せを分けてもらえそうな「幸福(コウフク)」

など色々な桜の品種があります。

パッと見ではわからなくても名札が付いていますので、名札と一緒に写真を撮ったり、お気に入りを見つけてぜひ楽しんでくださいませ。

写真を撮る楽しみ方

一品種に対しての本数は少ないのですが、約130種類の品種の桜をただ「通り抜けるだけ」は勿体ないですよね。

より桜の花見を楽しむには写真を撮る事なのですが、人が多いので人をフレーム内に入れないで桜だけを被写体とするとなると難しい部分もあります。

ですが、造幣局の桜はかなり近づく事も出来るので桜の接写が可能です。

近くにより品種名の札を見ながら、花びらの個性的な桜を見つけたり、一目で気にった桜などを専門的なカメラだけでなく、スマートフォンのマクロ機能などを使って接写するのも面白いと思います。

スマートフォン専用のクリップ式のレンズを使ってみても本格的な写真が撮れると思いますよ♪

花の写真を楽しく撮れる♪簡単に使える3つのスマホ用カメラレンズ
花見スポットに行くと必ずと言っていいほどする事が「写真を撮る」事ですよね。 今では一眼レフなどの本格的なカメラや、カメラに詳しくない方...

造幣局 桜の通り抜けの基本情報

【名称】

  • 造幣局 桜の通り抜け(ぞうへいきょく さくらのとおりぬけ)

【住所】

  • 〒530-0043 大阪市北区天満1-1-79

【例年の見ごろ時期】

  • 4月中旬

【開園時間】

  • 10:00~21:00(土日は9:00~21:00)
  • ※一週間の期間限定

【ビューポイント】

  • 桜の通り抜け一体の様々な品種の桜

【注意事項】

  • 一方通行
  • 飲食不可
  • 全面禁煙
  • ペット同伴不可
  • 規制区域への立ち入り禁止

【関連・公式サイト】

公式 造幣局

まとめ

造幣局桜の通り抜けと言う名称ではありますが、正直「通り抜けるだけ」は勿体ないと個人的に思います。

団子より花の人にはもってこいの桜の名所で、じっくり多くの品種の桜を楽しんで下さいね。

PICKUP!! >>造幣局桜の通り抜け 周辺のホテル・旅館を探す【楽天トラベル】

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

おすすめ記事